携帯キャッシュバック禁止についての考察

携帯キャッシュバック禁止についての考察

総務省から携帯キャッシュバック禁止の御触れが出てますが、これについて考察します。

携帯乞食からは、自民党の高市様が悪いだの、NRIの北様が悪いだの頓珍漢な批判が出ていますが、高市様や北様が個人的に「携帯乞食見てドン引きどころか吐き気を催してしまった。生理的に気持ち悪い」ってオコになって、調査会で議題に取り上げるとか、ちょっと変だと思いませんか。

小学校の学級会じゃないですから、「ちょっーとー男子達ぃ、一人で携帯いっぱい契約したら、いけないと思います!」とかいうノリじゃないと思いまーす。

笑顔が素敵な高市様❤❤❤❤❤と北様❤❤❤❤❤

takaichisanae41

そもそもNTTの天下りだけで、こんないるんですよー。

いくつかの仮説

(1)携帯料金高値止まり批判への対応として
これがすべての出発点です。携帯料金が高いから何とかしろというのが発端でした。
これがいつの間にかキャッシュバック禁止になったのですが、これは元々、唐突な感じがありました。
そもそも20年間も携帯料金は高額だったのに、なぜ急に?
しかもMVNOが多数出てきて、料金はいくらでも下げられるのに?
やはり、これはあくまでミスリードを狙うダミー説と見るべきです。

(2)キャリアが端末販売を止める布石として
昔は、キャリアが回線だけでなく、端末の設計・開発にも関わり、キャリア毎にオリジナルの全然違う端末を販売していました。
スマホの普及とともに、海外メーカーからグローバル端末が販売され、シムフリーが義務付けられ、MVNOが多数誕生し、徐々にキャリアの端末に対する影響度が低くなっています。
しかし、まだ少しはオリジナルモデルを作っていますし、唐突にキャッシュバックを停止する理由としては、不自然な点が残ります。

(3)国内メーカー救済とapple牽制
おそらくこれが原因と見ます。
携帯を安く販売されて困るのはキャリアではなく、メーカーです。
キャリアは、そのあと毎月通信料をうまうまできるので、最終的には儲かるためです。

しかし、超人気のappleだけは別で、appleの契約内容は極秘ですが、販売数や広告費の負担、販売方法など、すべてを細かく指定されて、守らないと販売できなくなります。
そのため、キャリアはiPhoneを安売りしないといけないわけですが、大人気のiPhoneが安いということは、不人気の国内メーカーの端末は、さらに安く販売する必要があります。

つまり、国内メーカーのスマホは、逆にメーカーがインセンティブを支払っているはずです。
その証左として、国内メーカーは一番売れているソニーでさえ、携帯部門は、赤字です。

赤字なので国内メーカーの税金も払われない、appleが売れても税金が払われない、さらに国内メーカーの雇用も減る、経済も収縮するということで、メーカーと国の利害が一致し、今回の騒動につながっていると推測します。
よって、黒幕は、経団連で間違いないでしょう。

復活はある?

キャッシュバック復活のためには、xiaomiやOPPOといった競争力のある海外メーカーの参入を促進するための規制緩和、それに伴う国内メーカーの撤退、appleのシェア低下のシナリオが必須条件だと思います。
どちらにしても、税金は日本に入ってきませんので、遅かれ早かれ、日本自体がオワコン化w

なんだか暗い話ですいません。
いろんなルート考えてみたんですが、すべて余裕で乞食脂肪のバッドエンドでしたw

つまり、結論といたしまして、一つだけ確実に言えることは

乞食詰んでてワロタwww

しかし

【朗報】携帯乞食より儲かるマイル乞食が爆誕!!

追記

いまマイル乞食が熱いので、早めにこっちに移民した方が絶対有利です!!

携帯乞食で培ったノウハウを活かして、クレジットカードの新規作成でキャッシュバック稼ぎ、FX口座開設でキャッシュバック稼ぎなど、携帯乞食より圧倒的に儲かります。

携帯乞食はもうオワコン!

マイル乞食に民族大移動だ!

【陸マイラー・マイル乞食】なぜ今、陸マイラー・マイル乞食が熱いのか
乞食移民問題 全国の情強乞食たちによる、マイル乞食連邦共和国への民族大移動が発生しています。 なぜ、いま陸マイラー・マイル乞食が...