【重要】 ドラッグストアで買ったレシートは捨てないで!! 税金が戻ってきます! 【セルフメディケーション税制が2017/1/1スタート!】

人によって、Tポイント 3,000Pなど、特別プレゼントが提案されます!
人によって、Tポイント 3,000P など、特別プレゼントが提案されます!今すぐチェック!

セルフメディケーション税制が2017/1/1開始で、ドラッグストアに売っている薬も医療費控除の対象になりました!!

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の対象品を示すマーク

セルフメディケーション税制とは?

セルフメディケーション税制が2017/1/1に開始されました。

セルフメディケーション税制とは、新しい医療費控除の制度です。

“セルフメディケーション”は、Self-medication、自己治療、自主服薬という意味で、 自分自身で健康を管理し、疾病を治療するセルフケアのことです。

いままでの医療費控除は、家族の医療費の自己負担分が、合計10万円を超えた場合、確定申告すれば、所得税が一部還付されたり、翌年の住民税が減額される制度ですが、2017年からは、病院の治療を受けず、自分で薬を買って治療する場合にも、税金の控除を受けられることになりました。

【重要】よって、今年からは、ドラッグストアや薬局で買った薬のレシートも捨てずに保管しておきましょう!

Amazonなど通販で購入した薬も、控除の対象になります。

どんな薬がセルフメディケーション税制の対象なの?

セルフメディケーション税制の対象となる薬は、「スイッチOTC薬」と呼ばれる薬で、身近な薬がほとんど対象となっています。

例えば、「パブロンSなどの風邪薬」や、「メンソレータムなどの軟膏」、「ガスター10などの胃腸薬」、「ピロエースなどの水虫薬」、さらに「サロンパスなどの湿布」まで、とにかく幅広い商品が対象です。

セルフメディケーション税制の対象となる薬は、「スイッチOTC薬」

セルフメディケーション税制の対象となる薬は、このマークで確認できます。



セルフメディケーション税制の対象となる薬「スイッチOTC薬」のリストはこちらで確認できます。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000145909.pdf

Amazonも対象です

Amazonで購入した「スイッチOTC薬」も控除の対象になります。

Amazonで「スイッチOTC薬」を購入した場合は、領収書を印刷して下さい。

Amazon領収書/購入明細書の印刷方法:

  1. 注文履歴にアクセスします。
  2. 該当する注文の注文の詳細をクリックします。
  3. 注文詳細の上部に表示された領収書/購入明細書をクリックします。
  4. ページ内に表示されるこのページを印刷してご利用くださいかブラウザーの印刷ボタンをクリックします。

いくらからセルフメディケーション税制の対象なの?

セルフメディケーション税制は「スイッチOTC医薬品」の購入金額が、合計12,000円を超えた分が控除の対象になります。

年間で、12,000円程度ならば、家族がいる世帯は多くが対象になりそうです。

セルフメディケーション税制の対象となる条件

セルフメディケーション税制で、確定申告対象となる条件は、下記の3つすべてに該当する方です。

(1) 所得税、住民税を納めている。

(2) 1年間(1~12月)に健康診断を受診している。(特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診断、がん検診)

(3) 1年間(1~12月)で、対象となる「OTC医薬品」を12,000円を超えて購入している。(家族で合算可能)

セルフメディケーション税制の注意点

セルフメディケーション税制の注意点は以下の通りです。従来の医療費控除制度と併用できないため、お得な方を選択しなければいけないのが、注意点です。

また、確定申告が必要なため、ふるさと納税のワンストップ特例制度が利用できなくなります。

(1) 従来の医療費控除制度と同時に利用することはできません。(後述)

(2) 確定申告が必要です。

(3) 現在のところ、2017年1月から2021年12月末まで5年間の時限措置です。

(4) ふるさと納税のワンストップ特例制度が利用できない。

ふるさと納税のワンストップ特例制度とは、確定申告しない方が、寄附先が5か所以内であれば、申請書を提出することで、簡単に減税を受けられる制度です。

セルフメディケーション税制では、確定申告が必要なため、ふるさと納税のワンストップ特例制度が利用できません。

セルフメディケーション税制でいくらお得なの?

課税所得が400万円の方のセルフメディケーション税制で減税となる一例です。

税率は、前年の年収などによって異なるので、減税効果は対象者によって異なります。

セルフメディケーション税制

セルフメディケーション税制の減税イメージ(課税所得400万円)

「スイッチOTC医薬品」の購入金額が20,000円の場合

12,000円を超えた8,000円が控除の対象です。

●8,000円が課税所得から控除される。

●減税額

・所得税:1,600円の減税効果

(控除額:8,000円X所得税率(20%)=1,600円)

・個人住民税:800円が減税効果

(控除額:8,000円X所得税率(10%)=800円)

合計で、2,400円の減税(≒戻ってくる)になります。

セルフメディケーション税制と従来の医療費控除は、どちらがお得になるの?

従来の医療費控除は、病院での医療費が、合計10万円を超えた場合、確定申告すれば、所得税が一部還付されたり、翌年の住民税が減額されたりする制度です。

セルフメディケーション税制は、従来の医療費控除と併用できないため、お得な方を選ぶ必要があります。

下記表をご覧下さい。この3つのケースで比較してみましょう。

Aさんは、従来の医療費控除が10万円に達していないので、セルフメディケーション税制がお得です。

Bさんは、従来の医療費控除が10万円を越える5万円と、セルフメディケーション税制の12,000円を超える38,000円を比較して、従来の医療費控除がお得です。

Cさんは、従来の医療費控除が10万円を越える5万円と、セルフメディケーション税制の12,000円を超える58,000円を比較して、セルフメディケーション税制がお得です。

セルフメディケーション税制と従来の医療費控除は、どちらがお得になるの?

セルフメディケーション税制と従来の医療費控除は、こちらで詳しい説明があります。

http://www.asahi.com/articles/SDI201611283465.html

【余談、しかし重要!!】病院での医療費が高額になる場合は、「高額療養費制度」を併用しよう!!

ここまでの話は、税金が戻ってくる話です。

しかし、病院での医療費が高額になる場合は、税金とは関係なく、高額な医療費そのものを払い戻しする「高額療養費」という仕組みがあります。

これは税金とは関係なく、医療費を安く抑えることができるので、必ず利用しましょう。

また、従来の医療費控除とも併用可能です。

事前申請(※)も可能ですし、後日申請して、返還してもらうことも可能です。

※高額療養費の事前申請

医療費が高額になりそうなときは、事前に申請することで、「限度額適用認定証」を利用できます。後日申請の場合は、一時的な医療費の立て替えが必要ですが、「限度額適用認定証」を利用すると立て替えが不要なため、一時的な支払いが軽減されます。

詳しくは、加入している健康保険組合にご確認下さい。

高額療養費については、詳しくはこちらに記載があります。

まとめ

セルフメディケーション税制のまとめです。

① セルフメディケーション税制の導入に伴い、ドラッグストアで買った薬の金額に応じて、税金が戻ってくる。

② ドラッグストアや薬局で買った薬のレシートも捨てないで!

③ 確定申告が必要です。

④ 年末に、従来の医療費控除制度とお得な方を選択する。

セルフメディケーション税制を利用して、お得に節税しましょう。

ドラッグストアで薬を買う時は、セルフメディケーションのマークを確認して、レシートは捨てないで保管しましょう。

家族がいる方は、家族にも情報を教えてあげて、レシートを捨てないようにお願いしましょう。

もっと、お得に薬を買う裏技

実は、もっとお得に薬を買うウラ技があるので、ご紹介します。

個人輸入代行を使えば、成分はほとんど変わらない医薬品や、下手をすると、武田薬品や第一三共といった、日本の大手製薬メーカーの海外向けの類似パッケージが、数分の一の値段で買えてしまうんです。

個人輸入代行といっても、ネットショップの住所が海外にあるだけで、Amazonや楽天で買い物するのとまったく変わりありませんよ。

とっても簡単です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク