【ビットコイン】小学生でも分かる! 「仮想通貨」を分かり易くまとめてみた!今どき知らないと恥ずかしい!【イーサリアム】

人によって、Tポイント 3,000Pなど、特別プレゼントが提案されます!
人によって、Tポイント 3,000P など、特別プレゼントが提案されます!今すぐチェック!

小学生でも分かる! 「仮想通貨」を分かり易くまとめてみた!

 「仮想通貨」を分かり易くまとめてみた!【bitcoin イーサリアム】

2017年に最も話題になりそうなのが「仮想通貨」です。

世界の金融を変えると言われるFinTechのキーテクノロジーの一つです。

ビットコイン相場の高騰、今後のサービスの応用や拡大、新しい通貨の発行など何かと話題の「仮想通貨」について、簡単かつ分かりやすく説明します。

これを知らないと時代に取り残されてしまいますよ。

仮想通貨って何? 電子マネーとの違い

「仮想通貨」と「電子マネー」はどちらも、実際の紙幣やコインなどが存在しない、仮想上の通貨(ポイント)ですが、どこが違うのでしょうか。

「仮想通貨」と「電子マネー」の大きな違いは下記の3つです。

①管理者がいない。(後述します)

「電子マネー」は、必ず管理者が発行、管理を行っています。

それに対して、「仮想通貨」は管理者がいません。

これについては、後で詳しく説明します。

②仮想通貨は、他者への譲渡が可能。

電子マネーは、事前に使用者が発行企業に、前払い制でお金を払ったり、報酬として付与されるもので、あくまで本人しか使用できず、他者への譲渡が出来ません。

それに対して仮想通貨は、他者への譲渡が可能で、送金したり、取引所で売買したりなど、自由に扱うことが出来ます。

③仮想通貨は、価値が変動する。

価値が変動しない固定制を導入している仮想通貨もありますが、多くは、FXのように、他の仮想通貨や実際のお金と比べて、相対的な価格が変化します。

よって、考え方によっては、日本円で、持っている場合でも、他の仮想通貨と比べると相対的に価値が上がったり、下がったりする訳なので、仮想通貨が主流となり、仮想通貨の価値が上がると、相対的に日本円で持っている人の価値が下がることになります。

仮想通貨の仕組みとは?

仮想通貨は、お金や電子マネーと圧倒的に違う仕組みが2つあります。

この仮想通貨が、他と異なる部分について説明します。

重要な考え方は2つ

重要な考え方は「管理者がいない」、「採掘(マイニング)」の2つです。

①仮想通貨は「管理者がいない」

「管理者がいない」というのは、仮想通貨の最大の特徴です。

「日本円」であれば、「国」及び「日本銀行」が発行・管理をしており、電子マネーの「suica」ならば「JR東日本」、「WAON」ならば「イオン」というように、管理者が存在します。

それに対して、仮想通貨は管理者がいません。

仮想通貨の仕組みを実現するためのソフトウェアがオープンソースとして公開され、その仕組みを使用して運営されているだけなのです。

管理者がいないと聞くと、危険で、サーバー代金や電気代などの運営費は誰が払っているのか?などの疑問が出てくると思います。

→ それに対する答えが「採掘(マイニング)」の仕組みです。

②「採掘(マイニング)」によって維持されている

「採掘(マイニング/mining)」というのは、金や鉱物を掘って見つけ出すように、仮想通貨を発掘するという”例え”から、このような名前になっています。

しかし、これはあくまで、”ただの例え”であり、実際行っている作業は、「採掘」とはまったく関係ありません。

実際の「採掘(マイニング)」は何をしているかというと、仮想通貨の監視作業です。

「採掘(マイニング)」を行っている人、つまり「採掘者(マイナー)」が、世界中の仮想通貨の取引を確認しながら、「偽装」、「改ざん」、「二重支払」がないか監視し、取引台帳に記録しています。この監視技術が、ブロックチェーン(分散型台帳技術、または、分散型ネットワーク)と呼ばれている仕組みです。

その監視の報酬として、仮想通貨が支払われる仕組みになっています。

よって、「仮想通貨」には、管理者がいませんが、採掘者(マイナー)が監視作業を行っているおかげで、安心・安全な運営が出来ている訳です。

仕組みがオープンソースで、世界中に公開され、誰でも自由に採掘者(マイナー)となって監視できる仕組みとなっているため、ガラス張りの信頼できる運営が行われていると言えます。

補足

「採掘(マイニング)」は、非常に高性能なコンピュータが必要で、仮想通貨の監視作業によって、取引台帳に記載して報酬を得ることが出来るのは、各取引において、整合性を計算出来た最初の一人目だけです。

そのため、みんなで競争して見つけ合い(発掘競争)をしています。よって、競争が激しく、利益目的で「採掘(マイニング)」するのは、割に合わないと言われています。

仮想通貨は、どんな種類があるの?

現在、仮想通貨はたくさんの種類があり、どんどん増えています。

その数なんと100以上!

仮想通貨は、どんな種類があるの、ビットコイン

もっとも、有名で、取引量も多いのが、ビットコイン(BTC)です。

簡単に有名な仮想通貨を説明します。

第1位 :ビットコイン(BTC/BitCoin)

世界中で最も有名で、取引量も多いのが、 ビットコイン(BitCoin)です。

なお、仮想通貨全体の時価総額は約9,000億円です。

そのうち、ビットコインは約7,000億円なので圧倒的です。

実際に使えるお店も世界で増え続けています。最も将来性があると言われている仮想通貨です。

第2位 :イーサリアム(ETH/Ethereum)

ビットコインから、かなり後に発行されたため、「仮想通貨2.0」と呼ばれている通貨の一つとなります。

「仮想通貨2.0」と呼ばれる新しい仮想通貨だけあって、イーサリアムだけが出来て、ビットコインには出来ない違いがあります。

それは「契約(コントラクト)」という付加価値をつけることが可能であるという点です。

この「スマートコントラクト」という技術を使うことで、コインに契約を載せることができるのです。よって、コインは売買や送金するだけではなく、契約を結ぶことが可能なため、商品が等到着してから、着金するなどの「契約(コントラクト)」を付与することが可能です。

イーサリアムは、取引量が第2位の取引量で、時価総額は約800億円です。

イーサリアムとビットコインで仮想通貨全体の時価総額の90%を占めています。

仮想通貨といえば、ビットコインとイーサリアムのどちらかです。

こちらも知っておきたい仮想通貨です。

第3位 :ライトコイン(LTC/Litecoin)

Litecoin は、第3位の取引量で、ほぼ無料に近い手数料で、世界中の誰にでも即座に支払いを行うことができます。

ビットコインと細かい部分は異なりますが、非常に似た仮想通貨です。

第4位 :リップル(XRP/Ripple)

Googleが出資しているネット決済手段として話題となっている通貨です。

今後のGoogleの戦略次第では、トップになる可能性を秘めている話題の仮想通貨です。

現在、取引高も急上昇で、仮想通貨の取引高で、第3位になるのは確実です。

こちらも名前くらいは、知っておきたい期待の通貨です。

第5位 :MUFGコイン(仮称)

「MUFGコイン」とは、三菱東京UFJ銀行が2017年の秋に、一般の利用者向けに発行する予定の仮想通貨です。

仮想通貨は、管理者がいないと言いながら、MUFGコインは三菱東京UFJ銀行が発行・管理を行っていくことが予定されており、どの程度の管理を行うかが注目されています。

しかも、三菱東京UFJ銀行は「1円=1MUFGコイン」を維持すると発表しているので、これまでの仮想通貨の概念とまったく違う訳ですが、世間では、これを仮想通貨として扱い、大きく報道されています。

そういう訳で、他のビットコインやイーサリアムとは、少し異なりますが、日本においては、確実に大きく普及する大本命なので、ニュースなどにも目を配るようにしましょう。

税金面や仮想通貨の使い方などにおいて、今後の指針となる重要な仮想通貨となるのは間違いありません。

大きく期待しましょう。

今後は、仮想通貨がどんどん増える!

電子マネーは、使えるお店が制限されていたり、利用者同士の送金などが出来ないなどの制限があるのに対し、仮想通貨は、「日本円」などの通貨への換金も可能なので、新しい仮想通貨の発行、利用が爆発的に拡大する可能性があると言われています。

今後、発行される仮想通貨で、最も注目されているのが、三菱東京UFJ銀行の発行する仮想通貨「MUFGコイン」です。2017年秋に発行予定で、「1コイン=1円」の固定ですが、スマートフォンでの決済サービスなど、幅広いサービスに活用できる予定です。

仮想通貨の入手方法は?

仮想通貨の入手方法は2つあります。

1つは、先ほども述べたように、システムを維持するために、高性能なパソコンで、協力(採掘(マイニング))してくれた人への報酬として入手する方法です。

もう1つは、取引所と呼ばれる、仮想通貨の売買を行っている交換所で、他の人の仮想通貨を買う方法です。

仮想通貨の取引所は、たくさんあり、手数料などもバラバラです。

仮想通貨の取扱いしている仮想通貨も異なっています。

仮想通貨の使えるお店

「仮想通貨」は、投資だけではなく、実際に使えるお店も増えています。

特に、一番メジャーな「仮想通貨」である「ビットコイン」は、日本でも使えるお店も増えてきました。

最も有名なのは総合サイト「DMM.com」です。

DVDレンタル、通販、動画配信、オンラインゲーム等の支払いに使えます。

http://www.dmm.com/

他にも、総合サイト「Touch mall(タッチモール)」

http://touch-mall.com/

が有名です。

実店舗でも使えるお店が増えています。

仮想通貨はあやしい?

仮想通貨そのものは、これまで述べたように、オープンな仕組みで、監視がしっかりとされているので、安心なのですが、一般の人々は、下記のニュースがあったため、「仮想通貨=危険」と考える方が多いようです。

しかし、これは仮想通貨そのものの危険性ではなく、仮想通貨を取り扱っている取引所の問題です。大きなリスクには、変わりありませんが、仮想通貨の仕組みが危険かどうかという問題とは、分けて考える必要があります。

Mt.Gox(マウントゴックス)不正事件

2014年2月、ビットコインの取引量が世界で1位で、ビットコインの流通量の約7割を占めていたMt.Gox(マウントゴックス)が外部からのサイバー攻撃を受けたとして、300億円分のビットコインが消失したと発表しました。

当初は、Mt.Gox(マウントゴックス)では、サイバー攻撃の仕業と主張してましたが、実際の攻撃による消失は全体の約1%に過ぎず、大部分は、Mt.Gox(マウントゴックス)のシステムの不正操作によって消失したものでした。

その後、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請後、破産しました。

また、マルク・カルプレス、当時のCEOが2015年8月1日、自身の口座のデータを改竄し残高を水増しした疑いで警視庁に私電磁的記録不正作出・同供用容疑により逮捕され、同月21日、顧客からの預金を着服したとして業務上横領の容疑で再逮捕されました。

破産管財人は、顧客ら約2万4700人が届け出た債権の総額が約2兆6630億円になったと発表しましたが、2017年現在でも、事件の決着はついておらず債権者との交渉が続いています。

仮想通貨はもうかる?

「ビットコイン」の相場は、急激に高騰しています。

2016年に50,000円程度だったものが、100,000円を突破し、バブルの様相を呈しています。

「ビットコイン」については、全体のビットコインの総量は2,100万コインと決められており、現在はそのうちの1,200万枚が発掘済みとなっているため、今後は値上がりするのではないかという憶測が相場を高騰させていると言われています。

ビットコインリアルタイムチャート【価格・相場】

仮想通貨のリスクは?

こちらが「ビットコイン」を取引して、買った数時間後に大暴落した某有名ブロガーの取引記録です。

(図1)「ビットコイン」は儲かると聞いて取引を開始するイケハヤw

(図2)ウキウキでツイートするイケハヤw

(図3)たった数時間で消耗するイケハヤw

(図4)怒りの言い訳ツイートをするイケハヤw

だせぇw

むしろ、ここまで「天井掴み」、「フライングキャッチ」できるのが凄いですね。

所謂、「靴磨き君」でもここまで正確な取引はできません。

この暴落で20%以上の含み損が発生した模様です。

「ビットコイン」は、新興国通貨のように、値幅が広く、荒いので、余裕資金での取引が必須です。

「ビットコイン」の取引では、元金が保証されていないので、取引には十分に注意して下さい。

仮想通貨を取引してみよう!おすすめの取引所は?

おすすめの仮想通貨は、取引量が最も多く、将来有望な「ビットコイン」しかありません。

「仮想通貨のリスク」で述べたように、「取引所」のリスクは非常に高いので、信頼できる取引所を選ぶことが、絶対条件です。

おすすめの取引所

最もおすすめしたいのが、「ビットコイン」で取引量が日本一の「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。

「ビットコイン」で取引量が日本一の「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。

「bitFlyer(ビットフライヤー)」は、取引のリスクヘッジ及び損保との契約を行い、自己資本を健全に保つ運営がしっかりしています。

資本がしっかりしている

それだけでなく会社としての資本がしっかりしています。

こちらが「bitFlyer(ビットフライヤー)」の株主になります。どうぞご覧下さい。

「bitFlyer(ビットフライヤー)」の株主

三菱UFJ、三井住友、リクルート、GMO、SBI、電通、Quick(日本経済新聞グループ)など、株主がしっかりしているので、圧倒的な安心感があります。

しかも、今のところ手数料は無料!

アカウント作成手数料 無料
アカウント維持手数料 無料
ビットコイン売買手数料 しばらく無料(終了の 2 週間前に告知いたします。)

入出金手数料はかかります。

取引時間も毎日で、サポートも充実

売買時間は 365 日 6:00 – 25:00
サポート時間は 平日 9:00 – 19:00

取引は慎重に行うべきですが、口座開設は早めに準備!!



チャンスの時にすぐ売買できるように、口座開設は、早めに行っておきましょう。

2017年、仮想通貨も未経験だと、取り残されていまいますよ。

一度、売買を経験して、話のネタにも持ってこい。

ビットコイン、おすすめです!!


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク