【緊急企画】告知用
【緊急企画】DMM.com証券(DMM FX)を開設し、1回取引するだけで18,000円相当のポイントがもらえる!

【緊急企画】DMM.com証券(DMM FX)を開設し、1回取引するだけで18,000円相当のポイントがもらえる!【3つなら最大40,500円稼げる!】
【緊急企画】DMM.com証券(DMM FX)を開設し、1回取引するだけで18,000円相当のポイントがもらえる!【3つなら最大40,500...

【引っ越しの裏技】引越の手順、知らないと損をするお得な裏技を大公開!【節約】

sponsored link
sponsored link

【引っ越しの裏技】引越の手順、知らないと損をするお得な裏技を大公開!【節約】

引っ越しは、いろいろとお金がかかります。

引っ越しのウラワザを活用して、お得に引っ越しをしましょう。

①物件選び

物件選びは重要です。

安くて条件に合ったいい物件を見つけるためには、たくさんある部屋探しサイトを探す必要があります。

部屋探しサイトで、一番掲載が多いのが、リクルートのSUUMMOですが、CHINTAIやいい部屋ネットにしか掲載されていない物件もあります。

全部のサイトを調べるのが面倒ですよね?

@nifty不動産は、有名な部屋探しをすべてまとめて検索することができ、サイト掲載物件数No.1を誇る、部屋探しサイトの決定版です。

効率良く、条件に合った部屋が見つかりますよ!

【引っ越しの裏技】引越の手順、知らないと損をするお得な裏技を大公開!【節約】

[blogcard url=”http://myhome.nifty.com/rent/”]

②定期借家かどうか確認

安い!

と思っても、実はワナがあるかもしれません。

最近増えている「定期借家」かどうか確認しましょう。

「定期借家契約」(テイキシャクヤケイヤク)とは契約期間が決められている物件です。

定期借家3カ月と書かれていた場合、3カ月で退去しなくてはいけません。

よって、通常は安くても定期借家の物件は選ばないようにしましょう。

また、定期借家でなくても、「トライアル」、「サービス期間」などといって、最初の数カ月だけ家賃を安くして、後で値上げするというワナの物件があります。

部屋探しサイトの説明をよく読んで、ワナがないか、確認しましょう。

③事故物件調査

ある程度、住みたい部屋が見つかったら、事故物件がどうか調査して下さい。

このサイトは、過去にあった事件や事故の情報を蓄積しているので、過去に問題があったか調査が可能です。

事故物件は、事故後に誰かが1人でも住めば、事故物件として告知する義務がなくなるので、問題があるかないかは、調べることをおすすめします。

[blogcard url=”http://www.oshimaland.co.jp/”]

事故物件でも問題ないという方でも、家賃の値下げ交渉には使えますよ。

④見学は必須です

実際にいくつか住みたい部屋を選んで、不動産屋に連絡をして、見学しましょう。

見学の際は、ポイントがあります。

(1)メジャーを持参して、家の家具が置けるかチェックする

(2)ビー玉を持っていき、家が傾いていないかチェックする

(3)昼と夜の2回行って、日当りや周辺がうるさくないかチェックする

(4)駅までの距離やコンビニまでの距離を確認する

(5)共有スペースにゴミや汚れがないかチェックする

近所も少し歩いてみて、雰囲気を確かめれば完璧です。

⑤値下げ交渉をしよう

実際に住みたいところが決まってきたら、値下げ交渉をしましょう。

1つに決めて値下げ交渉をするより、2つ以上の物件をどっちか迷っていると伝えた方が、プレッシャーを与えることができます。

ただし、人気の物件はすぐ決まってしまうことも多いので、他に狙っている人がいないか不動産屋にしっかり確認しましょう。

家賃の値下げは無理でも、駐車場を値下げしてくれる、礼金を値下げしてもらう、礼金を値下げしてくれる、初回の家賃を日割りにしてくれる、鍵交換費用を負担してもらうなど、いろいろな成功事例が報告されていますので、急がないならば、交渉してみるのもアリです。

⑥引っ越し日を決めて、今住んでいる家の大家さんに連絡しましょう

引っ越しする日によって、引っ越し業者の値段が大きく変わります。

安い 高い
平日 土日
月初 月末
仏滅 大安
午後 午前
エアコン移動なし エアコン移動あり

やはり、引っ越しは、平日の午後が安いです。

また時間をおまかせというプランもあって、それが一番安いです。

エアコンは取りつけ・取り外しの費用が別途かかりますので、どのくらいかかるかしっかり確認しましょう。

⑦引っ越し業者選びで賢く節約

引っ越し業者選びは非常に重要です。

やり方次第では、他の引っ越し業者の半額にまで、抑えることが可能です。

一番重要なのは、3社以上の見積もりをとることです。

そして、見積もりの際に、他社の見積もり金額より、少しだけ低い金額を伝えて交渉しましょう。

引っ越し業者も、その支店のトラックや人の空き状況、他社の提示金額、さらに言うと、営業に来る人のノルマの達成状況によって、見積もり金額がまったく異なります。

よって、どの業者が一番安いということは、見積もりしてみないと分かりません。

こちらのサイトで申し込むと、「アート引越センター」、「アーク引越センター」、「アリさんマークの引越社」、「サカイ引越センター」など、大手の引っ越し業者にまとめて依頼できるので便利です。



アリさん、サカイなど大手多数。100社以上から10社一括お見積り

⑧粗大ごみの回収依頼

粗大ごみは引っ越しの当日までに回収してもらうように、各自治体に予約を入れましょう。

2月や3月の引っ越しシーズンは、2~4週間待ちになることもあるので、早めに予約しましょう。

パソコンや家電は無料で回収してもらいましょう!!


送料無料!壊れていてもOK!!パソコン&家電回収が0円

送料無料で、引き取ってくれます!

⑨電気、ガス、水道、プロバイダー業者などへ引っ越し連絡をしましょう

電気、ガス、水道、プロバイダー業者などすぐ使うものを優先して連絡するようにしましょう。

さらに、これを機会に、クレジットカード払いに変更しましょう。

家賃はもちろん、電気、ガス、水道、携帯電話など、クレジットカード払いにすれば、ポイントが貯まって、とってもお得になります。

下記のポイントサイトから、クレジットカードを発行すると、ポイントがもらえて、さらにお得です。

おすすめポイントサイト!

⑩引っ越し本番

荷造りを時間までに完了させましょう。

すぐに必要になりそうなものは、一つのダンボールにまとめておきましょう。

ダンボールにテープを貼る前に、番号を書いた上で、写真にとっておくと、後から探しやすいです。

まとめ

引っ越しは、やることがたくさんあって、非常に大変です。

しかし、費用も高額になるので、ちょっとした工夫が、大きな金額の値引きにつながります。

お得なサイトを利用して、賢く節約しましょう。