【緊急企画】
面倒な入金や取引は不要!

今だけお得!


【緊急増額!!】SBI FXトレードの口座開設をするだけで3,200円相当のお小遣いがもらえます!!
【お得】SBI FXトレードの口座開設するだけで3,200円がもらえる!入金やトレード不要で簡単!
【お得】SBI FXトレードの口座開設するだけで3,200円がもらえる! ハピタスで3,200ポイントがもらえる ...

【Beats by Dr. Dre】最高にドヤれる→BeatsX Wirelessイヤフォン! 読むだけでDr.Dreのすべてが分かる詳細な解説を書きました! ain’t nuthin but a “Beats” thang【ドクター・ドレー】

スポンサーリンク
sponsored link
【話題】VALU詐欺ヒカル炎上まとめ

【話題】VALU詐欺ヒカル炎上まとめ

8/14  ヒカルがSNSでVALUを買い煽り(後でこのツイートを削除)
8/15  ヒカルのVALUがストップ高、井川やヒカルが高値で売り抜け
8/16  VALU側がヒカルのアカウントを凍結
8/17  なんjがヒカルの本名や実家を特定、全面戦争勃発
8/18  ヒカルの実家にamazonから着払いで10億円規模の注文が行なわれる
 ヒカルがコーランを燃やす動画がアップされる
8/19  ラファエルもなんj民の攻撃対象となり、素顔・本名・住所バレ
8/20  ピンキーと妹の住所が特定され、ケンマされる
8/21  与沢翼、渡辺雅典、芹那など情報商材屋とのつながりが大量に発覚
すこ(低評価)砲!評価が90.3%から44.6%へ
テレ東WBSでヒカルが詐欺として報道される
なんjのスレ数が200を突破
8/22  渋谷109VAZイベント爆破予告でヒカル・ラファエル不参加
錦織ゲイ(なんj公認YouTuber)が109イベに登場するも警備員に追い返される
8/23 週刊文春がヒカルの母親を凸「amazon注文は送り返したったwww」
VAZ顧問・井川が突然の辞任
VALUがヒカル側に損害賠償せよと内容証明
8/24 美少女YouTuber「かす」なんj民に実家特定される
8/25 【神崎芹那】富豪Youtuber セリナ(SERINA)が怪しすぎる!
美少女YouTuber「かす」へのラジコン被害が悪質すぎると話題
8/26 ピンキーの生配信中に人間ポケモンが送り込まれる
8/27 錦織ゲイ(なんj公認YouTuber)が渋谷でラファエルになりパニック!
8/28 ヒカル関西コレクション欠席、なんjスレ500突破のお祝い?
ゆな(中学1年)(ピンキー妹)に、なんj民が大敗北
8/29 ラファエルのツイッター永久凍結で祭り!シバターがなんjに媚びまくり
8/30 ヒカルが追い抜くと豪語したヒカキンUUUM上場
クレジットカード不正利用が発覚or買い物してない疑惑
8/31 モーリー(禁断ボーイズ)がヒカル批判で、なんj大混乱!
ヒカルチャンネル登録解除祭を21時決行!
9/1 井川拓哉の詐欺告発!井川が一般人にVALU買い煽りで詐欺罪成立か
9/2 なんj民が坂本悠記VAZキャリア事業統括をおもちゃにする
ヒカルがYouTube凍結の危機?動画を投稿しない理由が判明
9/3 ヒカルがAERA登場!Yahooトップになるも反省の色、無し!www
ヒカル裏アカでマホトやなんj民を名誉棄損で訴えると発言
9/4 ヒカル異常性癖、芦田愛菜ちゃんと鈴木福くんをオカズ、痴漢
9/5 ヒカル謝罪・活動停止!なんJ民の反応をご覧下さいwwwww
9/6 いっくん(禁断ボーイズ)を近畿大学除籍にしよう運動が加速
モーリー生きてたあああああああああああ【目撃写真あり】!
VALU疑惑カブキンが謝罪&坊主!賛否両論でなんj内戦となる
9/7 チョコスモは井川の仲間?削除はヤラセ?なんjで懸命の調査が続く
9/8 森泰輝VAZ社長のVALU詐欺関与が暴露される
9/9 みずにゃんがVAZ井川、大手まとめ「ようつべ速報」に買収される?
9/10 なんJスレ895で終了!大反省会「なんJ民はなぜヒカルになぜ負けた?」
9/12 【VAZ反省、なしw】富豪セリナ再開!VAZ女子大生HINAデビュー!カブキン逃げ切り成功!ヒカル再生数絶好調!
9/13 ヒカル230万人割れ!ヒカルの復帰方法を考えてクレメンス
9/14 キタ━━!井川拓哉(VAZ顧問)の住所特定祭り!速攻でケンマに成功!
9/16 数千万円高級車マイバッハで凸する大富豪なんJ民が出現する!
9/19 セリナの新しい詐欺プロジェクト始動www悪質すぎて草www
【なんj&嫌儲で大炎上中!】高校生リンチを計画したラーメンヲタクの整体師が自宅を特定され祭り!

【Beats by Dr. Dre】最高にドヤれる→BeatsX Wirelessイヤフォン! 読むだけでDr.Dreのすべてが分かる詳細な解説を書きました! ain’t nuthin but a “Beats” thang【ドクター・ドレー】

今、最高にドヤれるアイテムといえば、ビーツ!

【Beats by Dr. Dre】最高にドヤれる→BeatsX Wirelessイヤフォン! 読むだけでDr.Dreのすべてが分かる詳細な解説を書きました! ain't nuthin but a "Beats" thang【ドクター・ドレー】

今回は、ビーツを身に付けるために、最低限は知っておきたい、ビーツの産みの親であるドクタードレーについての基礎知識について、ヒップホップの大先生である、コジテクが、解説します。

これさえ知れば、街でも、電車でも、スタバでも、ドヤリングが捗ります。

オシャレは内面からと申しますが、しっかりと、ヒップホップの教養を身につけた上で、ビーツを着こなせるようになりたいものです。

ドレーは、多くのアーティストと仕事をしており、ドクタードレーを知れば、ヒップホップの歴史について、7割はカバーできると思います。

是非、ビーツのバックグラウンドについて、理解を深めましょう。

Beats by Dr. Dre

Dr.Dre(ドクター・ドレ)とは

“Dr.Dre”とは、音楽プロデューサー、ラッパー、ドレーが立ち上げたアフターマスレコードのCEOであり、ビーツ・エレクトロニクスのCEOである。

そのキャリアは長く、ヒップホップの歴史に大きく影響を与えた一人です。

Dr.Dreの出身値は、アメリカ西海岸、カリフォルニア州のコンプトンです。

重要ワード①:コンプトン

コンプトンは、アメリカの2大ギャング組織、ブラッズとクリスプの抗争の影響で、1960年代後半から1990年代まで、人口における殺人率の高さで常に上位にランクされる地区でした。

ドレーは、下記インタビューでも、ゲットー(ghetto)と呼ばれる犯罪の高い、貧しい人々が暮らすエリアで育ったと語っています。しかし、母親の教育や音楽の影響で、ギャングには巻き込まれずに、違う道を探そうと決意します。

World Class Wreckin’ Cru(ワールド・クラス・レッキング・クルー)

まずは、World Class Wreckin’ Cru(ワールド・クラス・レッキング・クルー)のメンバーとしてキャリアを開始します。

短い期間の活動ですが、サージェリーという曲をリリースし、5万枚を売り上げる最初のヒットとなりました。

World Class Wreckin’ Cru(ワールド・クラス・レッキング・クルー)時代のsurgery(サージェリー)のパフォーマンスです。

surgery(サージェリー)とは手術の意味ですが、当時はターンテーブルでDJとして、パフォーマンスしており、これがDr.Dre(ドクター・ドレ)の原型です。

dr_dre_ surgery scratch

N.W.A. (エヌ・ダブリュー・エー)

その後、Ruthless Records(ルースレスレコード)の創始者であるEazy-E(イージー・イー)とN.W.A. (エヌ・ダブリュー・エー)を結成します。

N.W.A. とは、Niggaz Wit Attitudesの略です。

さらにIce Cube(アイスキューブ)、MC Ren(エムシー・レン)、Arabian Prince(アラビアン・プリンス)、 DJ Yella(ディージェー・イェラ)も加わり、大ヒットアルバム”Straight Outta Compton”をリリースします。

重要ワード②:Straight Outta Compton

ヒップホップのクラッシック・アルバムとして、評価の高い”Straight Outta Compton”は現在でも高く評価されており、特に、”Fuck tha Police”(ファックザポリス)は、過激な歌詞で注目を浴び、ヒットしました。

当時の特に、西海岸の警察は腐敗が酷くて社会問題となっており、人種差別などによる不当逮捕や賄賂などで悪名高く、この背景が「ロサンゼルス暴動」などに繋がっていきます。

この曲に代表されるように、ヒップホップシーンは、Old School(オールドスクール)、New school(ニュースクール)というジャンルから、ギャングスタラップと言われる、現在でも主流のハードコアラップへと大きくシフトしていきます。

N.W.A. (エヌ・ダブリュー・エー)は、Gangsta rap(ギャングスタラップ)のスタイルを確立し、世間に広めるにあたり大きな役割を果たしました。

STRAIGHT OUTTA COMPTON

なお、メンバーのIce Cube(アイスキューブ)は現在は、俳優としても有名です。

コメディーからアクションまでこなし、ハリウッドで大活躍しています。

特におすすめは、Barbershop(バーバーショップ)というコメディー映画で、ラッパーのEVE(イヴ)も出演し、Fabolous(ファボラス)、P.Diddy(ピー・ディディ)、Jagged Edge(ジャッジッド・エッジ)による主題歌も最高です。


映画”Barbershop”(バーバーショップ)


“Trade It All”

Fabolous Feat. P.Diddy & Jagged Edge

話はN.W.A.に戻り、その後、アルバムを何枚かリリースしますが、イージーイーとの金銭関係のトラブルなどがあり、ドレーも脱退し、グループも自然消滅することになります。

Death Row Records(デスロウレコード)

同時に、ドレーは、ギャングと関わりの強いSuge Knight(シュグナイト)とともに、新たなレコードレーベルである、Death Row Records(デスロウ・レコード)を、共同で立ち上げる話が浮上します。

重要ワード③:Death Row Records(デスロウ・レコード)

Death Row Records(デスロウレコード)

当時のN.W.A.のマネージャーの証言によると、シュグナイトは、イージーイーを鉄パイプやバッドを使って脅迫して、無理矢理に契約を破棄させたと証言しており、かなり強引な形で、デスロウを立ち上げて、ドクタードレのデスロウへの移籍、ソロデビューすることになったようです。

そして、シュグナイトがエクゼクティブ・プロデューサーを努める形で、”The Chronic”(クロニック)がリリースされます。

このアルバムタイトルは、直訳すると慢性的という意味ですが、質の高い大麻のスラングでもあります。

しかし、ドレーの作品の影響で、クロニックは、ドレーの代名詞にもなっています。

このアルバムは、いきなり大ヒットとなり、ドレーもデスロウも大きな注目を浴びることになります。

特に、話題となったのは、g-funk(ジー・ファンク)と呼ばれる、革新的な独自の音楽スタイルです。

重要ワード④:g-funk(ジー・ファンク)

g-funk(ジー・ファンク)の定義は、いろいろな意見がありますが、大きな特徴として、ぶっといシンセ・ベース、ピーヒャラとバックで流れる浮遊感のあるシンセ・リード、さらに、これまでの攻撃的なサウンドとは対照的な、ゆったりとしたグルーヴで、Laidback(レイドバック)やChill(チル)などと表現されような、マリファナをやりながら、踊れる音楽というのが特徴です。

また、このg-funk(ジー・ファンク)の”g”は、ギャングスタの”g”でもあるので、リリックの内容に多く見られる、麻薬、女、セックス、ギャングバング、犯罪、金、車、宝石なども特徴の一つとして、含まれることが多くあります。

多くのフォロアーを産んだこのg-funk(ジー・ファンク)ですが、百聞は一見にしかずですので、聴いてみてください。

“Fuck wit Dre Day (And Everybody’s Celebratin’)”

Dr. Dre feat. Snoop Doggy Dogg

“Let Me Ride”

Dr. Dre feat. Jewell and Snoop Doggy Dogg

“Nuthin’ but a ‘G’ Thang”

Dr. Dre feat. Snoop Doggy Dogg

どうですか?

聴けばすぐ、このg-funk(ジー・ファンク)の特徴が理解できますよね。

これまでの、原始的な荒っぽいヒップホップのビートから、いきなり踊れる洗練されたビートへの移行は、衝撃を持って迎えられました。

クロニック

“Fuck wit Dre Day (And Everybody’s Celebratin’)”

Yeah, that’s what the fuck I’m talkin’ about

We have your mothafuckin’ record company surrounded

Put down the candy and let the little boy go

You know what I’m sayin? Punk motherfucker

(We want Eazy! We want Eazy!)

この”Fuck wit Dre Day (And Everybody’s Celebratin’)”の歌詞の「マザーファッキンなレコード会社に囲まれている。キャンディーを置いて、消えろ、マザーファッカー」というのは、当時ドレーが所属していた、Eazy EのRuthless Recordsを指しており、デスロウ移籍にあたり、Eazy EとのBeef(ビーフ)、つまり、対立があったことが伺えます。

Snoop Doggy Doggの”Doggystyle”

そして、この”The Chronic”に大々的にフイーチャーされたSnoop Doggy Dogg(スヌープドギードッグ)がソロデビューすることになります。

もちろん、ドクタードレーが全面プロデュースをして、デスロウからのリリースとなっています。

こちらのアルバムも、g-funk(ジー・ファンク)をベースに、スヌープの独自のスタイルもあり、大ヒットするとともに、ドレーやデスロウ・レコードの人気も決定的なものとします。


“Who Am I? (What’s My Name?)”

Snoop doggy dogg feat. Jewell, Dr. Dre and Tony Green



“Gin and Juice”

Snoop doggy dogg feat. Dat Nigga Daz and David Ruffin’ Jr.


“aint no fun (if the homies cant get none)”

Snoop doggy dogg feat. Nate Dogg, Warren G, Nanci Fletcher and Kurupt

この”aint no fun”をサンプリングしたのが、マライアの”Heartbreaker(remix)”で、

スヌープもVideoに出演しています。


”Heartbreaker (Remix)”

Mariah Carey feat. Da Brat, Missy Elliott

このSnoop Doggy Doggの”Doggystyle”は、数々のヒットを生み出すとともに、ヒップヒップの歴史に大きく影響を与えます。

1,000万枚(プラチナ・アルバム)以上のセールスで、商業的にも大成功を収めます。

Doggystyle

2Pac(Tupac/トゥーパック)のデスロウ移籍

その後、 凶悪なことで有名なギャングスタラッパーの2Pacが、デスロウに移籍します。

まずは、シングル”California Love”をリリースします。

“California Love”

2Pac feat. Dr. Dre and Roger Troutman

歌詞をみると、全編にわたって、カリフォルニアが最高ということを綴った西海岸への賛歌です。

“California Love”

California knows how to party(カリフォルニアはパーティーの街)

In the city of L.A(ロサンゼルスも)

In the city of good ol’ Watts(ワッツも)

In the city, the city of Compton(コンプトンも)

Now let me welcome everybody to the wild, wild West(ワイルド・ワイルド・ウエストへようこそ)

Pack a vest for your Jimmy in the city of sex(セックスの街では、コンドームでペニスを防御)

We in that sunshine state with the bomb-ass hemp beat(サンシャインの街とマリファナのビート)

It’s all good, from Diego to the Bay(サンディエゴからベイエリアは最高)

このVIDEOのシングル・バージョンもいいのですが、アルバムに収録されている”California Love(REMIX)”というExtendedが最高におすすめです。

Roger Troutman(ロジャー・トラウトマン)のソウルフルな熱唱が、凄いので必聴です。
この時に、リリースされた、アルバム”All Eyez on Me”も大ヒットし、2Pacの人気も頂点に達するとともに、西海岸のセールス的な優勢が確定的となっていきます。

All Eyez on Me

.
この辺りから、東西の抗争が激化していきます。

ヒップホップ東西抗争が激化

ここで、ヒップホップの最も歴史的な事件と言われる東西抗争について見てみましょう。

西海岸では、シュグ・ナイト率いるデスロウ・レコードが人気でしたが、東海岸では、Sean “Puffy” Combs(ショーン・パフィー・コムズ)率いる、Bad Boy Records(バッド・ボーイ・レコード)が、急成長してきました。

そのバッド・ボーイ・レコードの看板ラッパーが、東海岸のニューヨーク・ブルックリン出身のThe Notorious B.I.G.(ザ・ノトーリアス・ビー・アイ・ジー)こと、Biggie Smalls(ビギー・スモールズ)です。

東西抗争のはじまり

ヒップホップの東西の対立は、主に西海岸を代表するラッパーの2Pac(2パック)とThe Notorious B.I.G.(ザ・ノトーリアス・ビー・アイ・ジー)のFeud(不仲)が中心とされています。

もともと2パックとビギーは、親友でありましたが、1994/11/30に、マンハッタンのスタジオで、3人の男に、5発の発砲を受けるという強盗事件の被害にあいます。

その後、Vibe誌のインタービューにおいて、2Pacは、スタジオでの銃撃・強盗は、同じスタジオにいたノトーリアス・B.I.G.とショーン・パフィー・コムズの陰謀との疑いを持ち始めます。

<主な対立>

西海岸 東海岸
デス・ロウ

Death Row Records(デスロウレコード)

レーベル バッド・ボーイ

bad-boy-records-logo

シュグ・ナイト

シュグ・ナイト

CEO ショーン・パフィー・コムズ

ショーン・パフィー・コムズ

2パック

2パック

ラッパー ザ・ノトーリアスB.I.G.

ザ・ノトーリアスB.I.G.

2Pac(Tupac/トゥーパック)のデスロウ移籍

ノトーリアス・B.I.G.とショーン・パフィー・コムズは、関与を否定しますが、すぐ後に、ノトーリアス・B.I.G.が”Who Shot Ya?”(誰がお前を撃ったのか?)という曲をリリースします。

この内容には、事件への関与を示す決定的なリリックはありませんが、2Pacのファンを中心に、バッドボーイ・レコードへの不信感が強くなっていきます。

その後、シュグナイトがソース誌の主催するSource Awardsで、パフィーを非難したり、バッドボーイDissとされる”Hit ‘Em Up”という楽曲をリリースするなど、東西抗争は最高潮に達します。


“Who Shot Ya?”

The Notorious B.I.G.

これを受けて、2Pacも反撃のBadboy Dissとされる曲をリリースします。


“Hit ‘Em Up”

2Pac feat. Outlawz

“Hit ‘Em Up”

Fuck Mobb Deep, fuck Biggie, fuck Bad Boy as a staff, record label and as a motherfucking crew!

And if you want to be down with Bad Boy, then fuck you too!

このように、東海岸を代表するMobb Deep(モブディープ)やバッドボーイと、そのファンを全面的に攻撃する内容になっています。

さらに、

“Hit ‘Em Up”

First off, fuck your bitch and the clique you claim

また、上記の内容は、ノトーリアス・B.I.G.の妻である、R&B歌手(バッドボーイ・レコード)のFaith Evans(フェイス・エバンス)とセックスしたことを示唆していると言われており、大きな波紋を呼びました。

2pac_faith_evans

2パックとFaith Evans(フェイス・エバンス)

big_faith_evans

ノトーリアス・B.I.G.と妻のFaith Evans(フェイス・エバンス)

なお、 “Hit ‘Em Up”は、ノトーリアス・B.I.G.率いるヒップホップグループのJunior M.A.F.I.A.(ジュニア・マフィア)の”Gettin’ Money (The Get Money Remix)”と同じトラックとなっています。

“Gettin’ Money (The Get Money Remix)”

Junior M.A.F.I.A.

この後、ヒップホップ東西抗争は最悪の結末を迎えます。

2Pac銃殺

1996/9/7に、ラスベガスでマイク・タイソンの試合後、2Pacが信号で停車中に、横付けされた車からの銃弾を4発被弾し、何者かによって、殺害れました。

2Pacは、君主論で有名なイタリアの政治思想家の名前をとって、マキャベリ(Makaveli)に改名し、アルバム”The Don Killuminati: The 7 Day Theory”をリリースする直前でした。

マキャベリ(Makaveli)は、武力の重要性を説き、目的のためには手段を選ばないという主張をしており、それが、2Pacに感銘を与えたことが、改名のきっかけになったようです。

2Pac銃殺は、全米で大ニュースとなり、テレビや新聞でも連日大きく報道され、社会問題となりました。

犯人は不明で、様々な憶測がされています。

また、死後にリリースされたアルバム”The Don Killuminati: The 7 Day Theory”も大ヒットしました。


Makaveli(2Pac) Feat. Danny Boy, KC & JoJo

“Toss It Up”

ザ・7デイ・セオリー

ノトーリアス・B.I.G.銃殺

さらに、悲劇は続き、東海岸を代表するノトーリアス・B.I.G.も銃殺されることになります。

ノトーリアス・B.I.G.も、2nd アルバムの発売直前で、2Pacと同じく、だったために、西海岸の関係者の犯行という説はもとより、東海岸のパフィー・コムズなどにも容疑がかけられました。

ノトーリアス・B.I.G.の犯人もいまだ捕まっていません。


“Hypnotize”

The Notorious B.I.G.

The Notorious B.I.G.の2ndアルバム”Life After Death”は、ソース誌で5本マイクを獲得するなど、その内容も高く評価され、1,000万枚(プラチナ・アルバム)以上の売上が記録される大ヒットとなります。

グレイテスト・ヒッツ

Aftermath(アフターマス)立ち上げ

この東西の対立が激化するなか、西海岸を代表するプロデューサー兼ラッパーのドクタードレーは、東西の揉め事や、シュグナイトへの不信感などを理由に、Aftermath Entertainmentというレコード会社を立ち上げます。

ドクタードレーは、東西抗争には、嫌気が差していると言われており、対立が激化するなか、独自のレコード会社を設立し、シュグナイトやデスロウと決別しながら、東海岸を含めた様々なアーティストとコラボレーションを行っていきます。

結果的に、デスロウとも関係が悪化し、トゥーパックとも敵対関係となっため、2Pacの最後のアルバム”The Don Killuminati: The 7 Day Theory”では、ドレーに対するDissもみられます。

コンピレーションアルバムでのドクター・ドレのソロ曲です。

セールス的には、いまいちでしたが、これからのドレーの方向性を決定づける重厚なトラックやゴッドファーザーのテーマがサンプリングで使用されるなど、必聴の名曲です。

“Been There Done That”

Dr. Dre

ブラックストリートのシングルにも参加し、全米1位を獲得します。

“No Diggity”

Blackstreet feat. Dr. Dre, Queen Pen

デビューアルバムがソース誌で5本マイクを獲得するなど、東海岸の救世主として期待されるNas(ナス)の2ndアルバム”It was written”に楽曲を提供します。

“Nas is Coming”

Nas

結果的に、デスロウとも関係が悪化し、トゥーパックとも敵対関係になります。

この後に、東西の抗争が最高潮を迎え、2パックが殺害され、翌年には、のとーリアスビッグが殺害されます。

その後、Nas, AZ, Foxy Brown, Cormegaで構成されるThe FirmのアルバムがAftermath Entertainmentからリリースれます。

セールス的には不調でしたが、人気のプロデューサーTrackmastersとDr.Dreの共同プロデュースで、素晴らしいアルバムになっています。

ファーストシングルは、L.E.S.のプロデュースですが、ドレーのレーベルAftermathへ移籍した、En VogueのDawn Robinsonがフックを歌っています。

“Firm Biz”

The Firm

セカンドシングルは、Dr.Dreがプロデュースした”Phone Tap”です。

“Phone Tap”

The Firm feat. Dr.Dre

Album
開始から好調だったデスロウやバッドボーイとは対照的に、アフターマスは、なかなかヒットが出せずに経営面での不振もささやかれるようになります。

しかし、この後、大きな転機が訪れることになります。

Eminem(エミネム)との契約

アフターマスは、各地のラップバトルで大きな反響を呼んでいたSlim Shady(スリム・シェイディ)こと、Eminem(エミネム)との契約します

エミネムは、そのコミカルで、過激な歌詞が大きな話題でしたが、白人ラッパーということで、ドレーのビートとの相性やセールスについて不安視する声が多く聞かれました。

しかし、ドレーが制作に大きく関与した2ndアルバムでは、コミカルなビートでありながら、G-funkをアップデートしたような革新性が、とても高く評価され、セールス的にも大成功を収めることになります。

“The Real Slim Shady”

Eminem

Curtain Call-the Hits

2001

そして、いよいよドレーも新しいアルバム”2001″をリリースします。

このアルバムは、サウンド的に、重厚なピアノやストリングスが多く使われ、ギャングスタ・ラップのイメージを前面に押し出した暗いビートになっており、”The Chronic”から大きく変更されました。

しかし、1stシングルは、”Still D.R.E.”と、Dre Dayが、まだ続いているという”The Chronic”の内容を受けた内容になっています。

リリックの内容は、この10年以上のRap Gameを振り返って、失った友への思いを述べるなど、シリアスな内容になっています。

このサウンドやスタイルの変更が大成功となり、アルバムは、大きな反響を呼び、大ヒットとなります。

“Still D.R.E.”

Dr. Dre feat. Snoop Dogg

次のシングルも大ヒットしました。

“Forgot About Dre”

Dr. Dre feat. Eminem, Hittman

私の一番好きな曲はこれです。

“What’s the Difference”

Dr. Dre feat. Eminem, Xzibit

“What’s the Difference”

I was bangin’ with a gang of instrumentals

Got the pens and pencils, got down to business

But sometimes the business end of this shit

Can turn your friends against you

‘Cause you my nigga, Doc, and Eazy, I’m still with you

Fuck the beef, nigga, I miss you

And that’s just being real with you

こちらの歌詞でも、「ペンを持って音楽を作ることで金を稼ぐ。しかし時に、友が敵になることもある。The D.O.C.とEazy Eと、まだ心は一緒にいて恋しく想う。」と旧友のThe D.O.C.や病気で死亡したEazy Eへの想いをリリックにしており、回顧的、内省的な歌詞が多く見られます。

2001

50Cent(フィフティ・セント)との契約

この後、ドクタードレーの快進撃は続き、人気のラッパーの50セントがエミネムのレーベルとサインすることになります。

50Cent(フィフティ・セント)は、Trackmastersのレーベルからデビュー予定でしたが、50Centが麻薬販売を行なっていた関係で、発砲事件などが発生し、悪影響を心配した配給元のソニーミュージックが、50Centとの契約をキャンセルしたため、結果的に、エミネムとドレーのレーベルから、デビューすることとなりました。

デビューアルバム”Get Rich or Die Tryin’”は、エミネムとドレーの全面バックアップで大ヒットとなりました。

シングル”In da Club”も大ヒットし、このVIDEOには、エミネムとドレーもカメオ出演しています。

“In Da Club”

50 Cent

ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン+2

Detox制作

ドクター・ドレの次のアルバムが待ち望まれるなか、ドレーが次のアルバムは”Detox”(デトックス)というタイトルで制作していると発表されました。

重要ワード⑤:Detox(デトックス)

しかし、アルバムはなかなか完成せず、何百曲もリーク音源とされる、正体不明の楽曲がネットに出てきましたが、何年も制作が進まないことから、発売されないアルバムの代名詞として半ば伝説化しました。

R&Bアーティストへの楽曲提供

“Detox”(デトックス)のアルバム制作と並行して、R&B歌手など含めて多くの楽曲をプロデュースします。

特に話題となった3曲をご紹介します。

Queen of HipHop Soulとして君臨するMary J. BligeのFamily Affiarは、全米HOT 100の1位を記録する大ヒットとなりました。

“Family Affair”

Mary J. Blige

Ruff Rydersの女性ラッパーとして人気のEVEとNo doubtからソロデビューしたGwen Stefaniの異色コラボが実現!

“Let Me Blow Ya Mind”は、全米2位の大ヒットで、新たなファン層を広げました。

“Let Me Blow Ya Mind”

Eve feat. Gwen Stefani

No doubtからソロデビューしたGwen Stefaniに、今度は逆にEVEをフィーチャーした”Rich Girl”も大ヒットを記録しました。

“Rich Girl”

Gwen Stefani feat. Eve

beats by dr.dre開始

デトックスのアルバム制作や他のアーティストのプロデュースと並行して、ドレーが乗り出したのが、ヘッドフォンのプロデュースです。

Dr.Dreは、2008年に、Interscope Geffen A&M Recordsの会長、Jimmy Iovineと共同で、Beats Electronics LLCを立ち上げ、最初の製品Beats Studioをリリース。

beats by dr.dre開始

さらに、beats musicという月額課金型の音楽配信ビジネスを立ち上げます。

こちらも急成長を遂げて、契約加入者を20万人まで増やします。

そのブランド力を高く評価され、2014年にアップル社に現金と株式の合計32億ドル(約3,200億円)という高額な価格でビーツを売却することになります。

この時、ドクタードレーは、世界で最も高収入(630億円)のミュージシャンとなりました。

映画”Straight Outta Compton”

2015年に、N.W.A.の歴史を再現した映画が公開されました。

N.W.A.のメンバーと交流のあったF・ゲイリー・グレイが監督を務めると共に、Dr.DreやIce Cubeも制作に参加しています。

この映画は、ボックスオフィス全米1位を記録するなど、大ヒットとなりました。

映画"Straight Outta Compton"

映画”Straight Outta Compton”

Compton(コンプトン)

2016年に、約16年ぶりに、Dr.Dreの3枚目のソロアルバムが発売されました。

“Detox”のアルバムは完全に中止となり、アルバムタイトルは、”Compton”(A Soundtrack by Dr. Dre)となりました。

"Compton"(A Soundtrack by Dr. Dre)

ドレーは映画”Straight Outta Compton”に影響を受けて、アルバムを制作しようと考えたと語っており、映画のように、自身のルーツである出身地のコンプトンがテーマになっています。

Compton

beats by dr.dreの魅力

ドクター・ドレーについて、理解が深まったところで、beats by dr.dreの魅力に迫ってみましょう。

①音質

ビーツの初期の頃は、音質について、それほど注目されませんでしたが、改良を重ねることで、その重低音の迫力や、細部まで鮮明な解像度が話題を呼び、大ヒットにつながりました。

特に、ヒップホップやEDM、クラブミュージックなど、低音を重視する人々から高い評価を受け、高音質を気軽に楽しめることで、支持されています。

②デザイン

細部にまでこだわった、未来的で、無駄のない洗練されたデザインは、いつも身につけたくなる衝動に駆られます。

特にBeats Pillのスピーカーは、ヒップホップ・アーティストのビデオにも、よく出てくる定番アイテムです。

ラインは大きく分けて3つあり、スピーカーの「Beats Pill」、ヘッドフォンの「Beats solo」、そしてイヤフォンの「BeatsX」と「urBeats」です。

「Beats Pill」

beats_pill_xl_front_black

【国内正規品】Beats by Dr.Dre Pill+ Bluetoothスピーカー ポータブル/ワイヤレス対応 ブラック ML4M2PA/A

「Beats solo」

beats_solo

【国内正規品】Beats by Dr.Dre Solo3 Wireless 密閉型ワイヤレスオンイヤーヘッドホン Bluetooth対応 ホワイト MNEP2PA/A

「BeatsX」

beatsx

Beats BeatsX イヤフォン Bluetooth Lightning Siri対応 (ブラック)

③アドバタイズメント

そのマーケティング戦略は、音楽ファンのみならず、多くの人を魅了し続けています。

コラボレーション

ビーツは、たくさんのコラボレーション商品を出していることで、有名です。

しかも、どれも本気の作品で、高い支持を受けています。

Heartbeats by Lady Gaga

beats gaga lady

Lady GaGaとのコラボレーション

diddy beats

diddy beats

Diddy(ショーン・パフィー・コムズ)とのコラボレーション

powerbeats

beats レブロン・ジェームズ

LeBron Jamesとのコラボレーション

Fendi

fendi beats

Fendiとのコラボレーション

MCM

mcm beats

MCMとのコラボレーション

ハローキティー

hello_kitty_beats

Hello Kittyとのコラボレーション

セレブ・エンドースメント

アドバタイズメントも、非常に凝っており、下記のコマーシャルも、たくさんの有名人が数秒のみの出演と、とても贅沢なつくりになっています。


出演は、Karlie Kloss, Travis Scott, Amber Rose, Rebel Wilson, Nicki Minaj, Ben Simmons, Steve Buscemi, William Chan, Young M.A, Sayo Akasaka, Juno Temple, Pharrell, Michael Phelps, PARTYNEXTDOOR, Karen Civil, Liza Koshy, rapper Al Rocco, Miyaviです。

人種やジャンルなど、幅広くて、おもしろいコマーシャルです。

beats by dre

まとめ

純粋にbeats by dr.dreの、音質やデザインに興味を持って使うのも素晴らしいですが、せっかくbeats by dr.dreを使うならば、dr.dreの音楽も聴いてみましょう。

名曲がたくさんあって、とてもおすすめです。

また、Dr.Dreはチームで楽曲を制作していると言われており、ドレーのチーム出身で、最も有名なのは、The rootsのキーボーディストでもある、Scott Storch(スコット・ストーチ)です。

Terror Squadの”Lean Back”が一番有名ですが、Christina AguileraやBeyoncé、Lil’ Kim、Chris Brownなど、非常に多くの曲をプロデュースしているので、ドレーのサウンドが好きな方は、聴いてみることをおすすめします。

beats by dr.dre with dre beats

ビーツでドレーを聴こう

【国内正規品】Beats by Dr.Dre Powerbeats3 Wireless Bluetooth対応 カナル型ワイヤレスイヤホン スポーツ向け ブラック ML8V2PA/A

【国内正規品】Beats by Dr.Dre Beats EP 密閉型オンイヤーヘッドホン ホワイト ML9A2PA/A