【緊急企画】告知用
【緊急企画】DMM.com証券(DMM FX)を開設し、1回取引するだけで18,000円相当のポイントがもらえる!

【緊急企画】DMM.com証券(DMM FX)を開設し、1回取引するだけで18,000円相当のポイントがもらえる!【3つなら最大40,500円稼げる!】
【緊急企画】DMM.com証券(DMM FX)を開設し、1回取引するだけで18,000円相当のポイントがもらえる!【3つなら最大40,500...

【TOEIC900点】最短でTOEIC900点の勉強法・攻略法・テクニック【TOEIC800点→900点】

sponsored link
sponsored link

【TOEIC900点】最短でTOEIC900点の勉強法・攻略法・テクニック【TOEIC800点→900点】

【TOEIC900点】最短でTOEIC900点の勉強法・攻略法・テクニック

前回は、スパ最良で、攻守最強の鉄板資格

TOEIC800点

を最短で取得する方法をまとめました。

【裏技】TOEICを速攻で100点アップさせる究極のウラ技と、3ヶ月でTOEIC800点を取る最強の勉強法!
【裏技】TOEICを速攻で100点アップさせる禁断の裏技と、最短3ヶ月でTOEIC800点を取る最強の勉強法! ...

そこで、今回は、TOEIC900点について、考えてみたいと思います。

TOEIC900点は必要か?

社会全体の国際化に伴い、共通語である英語の需要は高まっています。

しかし、TOEIC900点は本当に必要なのでしょうか?

下記が、主な有名企業が求めるTOEICスコアの一覧です。

企業が求めるTOEICスコア

900以上
Panasonic(国際広報担当)

860以上
野村ホールディングス(グローバル型社員)
富士通(海外出張)
三菱商事(社内留学)

830以上
京葉銀行(人事評価に反映)

800以上
住友不動産
野村不動産
日立製作所(経営幹部)
三井住友(総合職全員の努力目標)
KDDI(事務・技術職の配属、異動)
日本マクドナルド

750以上
丸紅(入社5年目社員)
三井物産(入社3年目社員)
三菱商事(課長クラス)
楽天(上級管理職・部長級)

730以上
ソフトバンク
武田薬品
京葉銀行(人事評価に反映)
日本IBM(次長)
住友商事(管理職)
住友商事
双日
丸紅
三井物産
三菱商事
NTTコミュニケーションズ(新人の1年間派遣権利)

700以上
NTT東日本
ファーストリテイリング
三菱電機
ヤマト運輸
ブリジストン
東京電力
三菱自動車(事務職)
伊藤忠商事(入社4年目社員)
シャープ(課長職)
ファーストリテイリング(本部管理職)
キリンビール(事務・技術職の配属、異動)
楽天(課長級)
伊藤忠商事
資生堂
シャープ
みずほ証券

650以上
アサヒビール
佐川グローバルロジスティクス
シチズンホールディングス
日立製作所(課長)
双日(主任クラス)
ソニー(係長級・課長級)
ブリヂストン(開発企画職上級)
楽天(係長級)

600以上
出光興産
王子製紙
大正製薬
大和ハウス工業
ニトリホールディングス
住友林業(係長)
マツダ(課長職)
トヨタ自動車(係長)
日本IBM(課長)
富士通(エンジニア・事業企画担当)
住友商事(総合職)
NEC(全社員)
三井物産(入社時)
富士通(入社2年目社員)
丸紅(入社5年目社員)
日立製作所(総合職2年目社員)
横浜ゴム(全社員)
日本ビクター(全社員)
楽天(一般職全社員)
キヤノン
大成建設

580以上
三菱商事(全社員)

550以上
住友金属工業(全社員)

(出典:「週刊ダイヤモンド」2011年1月8日号)

結論

必要なし

企業の求める要件からすると必要ないように見えます。

しかし、本当に英語を駆使して、不自由なく仕事をこなすとしたら、TOEIC900点でも不十分なレベルです。

よって、まとめると、TOEIC900点は、資格的な意味ではあまり役に立たないけど、実際にはとても役立つ資格です。

なぜなら、TOEICは、とても良問が多くて、参考書も充実しているので、王道の英語学習をしている人にもオススメなんです!

TOEICをもとに、勉強を進めても、遠回りになるなどということはありません。

TOEIC900点はテクニックだけでは取れません。絶対に、英語力が必要になってきます。

そこで、TOEIC900点を取得したい!!という方のために、TOEIC900点をとる勉強法テクニックを、両方とも、ご紹介します。

TOEIC900点を目指す前の前提

まずは、タイムストラテジーやリサイクルの裏技など、TOEIC800点を取得するスキルをすべて習得していることが、前提です。

まずは、こちらの記事で、TOEIC800点取得に必要なスキルを身につけましょう。

【裏技】TOEICを速攻で100点アップさせる究極のウラ技と、3ヶ月でTOEIC800点を取る最強の勉強法!
【裏技】TOEICを速攻で100点アップさせる禁断の裏技と、最短3ヶ月でTOEIC800点を取る最強の勉強法! ...

TOEIC900点のための勉強法・テクニック

①スキミングとスキャニングを身につけて、使い分ける

特に、Part6の長文を解く際に、スキミングとスキャニングの技術は非常に重要になってきます。

「スキミング」とは

長い文章を、飛ばしながら読んで、短い時間に全体を把握するテクニックです。

各段落(パラグラフ)の最初の一文だけ読むのが、一般的です。

最初に、文章全体が、「ホテルの予約に関する文章」だとか、「イベントの開催案内に関する文章」だとか、まずは、全体を把握することで、イメージがついて、読みやすくなるなります。

「スキャニング」とは

長い文章から、特定の情報がどこに書かれているかだけに絞って読んで、必要な情報だけを取得するテクニックです。

求めている答えに関する単語の周辺に、記載されていることが多いので、まずは単語がどこに出現しているか見つけて、その前後を読むというのが、一般的です。

このスキャニングは、文章全体の意味は分からないが、「会議は何日に開催される?」とか、「映画の入場料はいくら?」など、特定の情報だけを取得してくることで、時間短縮につながります。

TOEIC800点~900点のレベルでは、Part6を、ベタ読み(最初から全部読む)してから、解答をみて、マークしていると、絶対に時間内に終わりません。

また、TOEIC900点は、リーディング・セクションの100問中、問題によっても違いますが、10問程度しか間違うことが出来ません。

よって、基本的に、時間内にすべての問題にトライできるスピードがないと、TOEIC900点を取得することは、難しいです。

その時に有効なのが、このスキミングとスキャニングになります。

スキミングとスキャニングをうまく使い分けて、早く問題を解けるように、練習してみましょう。

しかし、自分に合う・合わないがあり、問題のタイプによっても有効な戦略が違ってくるので、練習していくなかで、自分にピッタリと合うやり方を見つけて下さい。

問題の選択肢まで見なくても、問題文のみを読むと、だいたいの趣旨が分かるので、手掛かりになりやすいです。

人と同じにする必要はないので、自分のやり方を確立して下さい。

私の場合は、下記のような解き方をしています。

Part6 解き方
短い文(シングル) スキミング→問題
長い文(シングル) 問題→スキャニング
ダブル・トリプル スキミング→問題→最初からベタ読み→問題

また、スキミングとスキャニングの併用も、かなり効果的です。

全体の意味を把握(スキャニング)しながら問題を読んで、必要な情報だけをとってくる(スキミング)というのは、難易度は高いですが、かなりの時間短縮が可能となります。

②高地トレーニング

私は、TOEIC800点は、3ヶ月程度で、すぐ取得できたので、TOEIC900点もすぐ取得できると思ったのですが、この100点に相当苦しみ、結局1年以上かかりました。

つまり、かなり勉強を継続したにも関わらず、820点から935点に行くのに、1年半程度かかりました。

ほぼ毎日2時間以上は勉強していたので、さぼってたということはなく、1年以上かかったので、TOEIC900点は、かなり難しいと思います。

私は、最初の半年くらいは、TOEIC800点を取得した勉強法の延長で、公式模試や薄い文法の本などを、繰り返し解いていました。

しかし、なかなか結果が出ませんでした。

その時、新しい問題集を探すにあたり、気になるタイトルの本があったので、買ってみました。

最初は半信半疑だったのですが、やってみると思いのほか、効果があると感じました。

その問題集がこちらです。

新TOEIC TEST読解特急3 上級編

内容は最近の公式デストを分析して、TOEIC本番に近い問題を徹底研究している、最近の問題集とは程遠い、まったくTOEICっぽく、ありません。

すごく難しくてまったく歯が立たなかったのですが、解いていくにつれて、重要なことに気がつきました。

難しい長文を読むスピードと読解力が、飛躍的にあがる。

リスニングでは、1.5倍で聴いて、高地トレーニングをしていましたが、リーディングは、本番に近い公式問題集を中心にやっていたので、これは目から鱗でした。

TOEIC900点を目指すためには、長文のスピードと読解力は必須になるので、少し難しい文で、高地トレーニングすることが、最短でTOEIC900点を取得する重要なテクニックであると思います。

その後、似たような問題集がなかったので、英検1級の問題集や英語のニュースサイトを見て、勉強をしましたが、難しい長文を読んでから、TOEICの問題を読むと、本当に速く読むことができると実感できるようになると思います。

ただ、TOEICの勘がなくなると、困るので、たまには、公式問題集でTOEICの勉強もやるようにしましょう。

2倍速シャドーイング

これも、上記の高地トレーニングの一環ですが、リスニングを強化するにあたり、シャドーイングは、とても効果があります。

なお、シャドーイングとは、音声を聞いた後、その後を追いかけて、声に出して一緒に読むことです。

音声を聞いた後の遅れは、0.2秒程度で、できるだけ遅れないように、一緒に読んだ方が効果的と言われていますが、シャドーイングはとても難しいので、慣れないうちは、一文聞いたら、一文声に出して読むというところから、やってみるといいと思います。

シャドーイングは難しいですが、効果はとても大きいです。

シャドーイングによって、聴くだけではなく、声に出すことで、リスニング力のアップに効果があります。

これを、1.5倍速や、慣れてきたら2倍速で行うようにしましょう。

2倍速で、とんでもなく難しいですが、これを繰り返すと、TOEICのリスニングが、本当に簡単に感じられるくらい実力がるいてくるので、おすすめです。

使う教材は、簡単なもので大丈夫です。

TOEIC公式問題集のリスニングセクションや単語帳のDUO3.0など、使い慣れた問題で、行いましょう。

③文の構造を理解しながら読む

TOEIC800点でも、ある程度の文法力が必要なので、文章を読む際も、文の構造(5文型)や主語・動詞の判別、そして、関係代名詞の先行詞などは意識していると思いますが、TOEIC900点を取得するにあたり、文の構造を理解しながら読むことは、さらに重要となります。

文の構造を理解しながら読むと早く読めますし、読解にあいまいさがなくなるので、問題も正確に解けます。

よって、TOEICレベルの文法(Part5)に関して、人に説明できないところがないくらい、しっかりとマスターしなければなりません。

文法が苦手な人は、文法書を使ったり、あいまいなセクションだけでも、見直しましょう。

そして、文章を読む際は、文型や構造を意識して、読むクセをつけて、分からない構造があった場合は、文法書を確かめるようにしましょう。

慣れてくると、無意識のうちに、どれが主語で、どれが動詞で、この関係代名詞の先行詞はどれかなどが、考えなくても分かるようになるので、大幅に速く読むことが可能になります。

最初のうちは、文章の最初に戻って、全体を見てからでないと判断できないと思いますが、慣れてくると、文章を戻らなくても、自然に読めるようになります。

慣れるまでは、読むのに時間がかかりますが、構造を把握しながら読めるようにならないと、大幅なスピードアップが出来ないので、常に意識して読むようにしましょう。

④ノートを作る

分からない単語や分からない文章の構造に出会った時は、自分のノートにメモしましょう。

なかなか1度では、覚えられないので、分からない部分だけをまとめたノートをつくると、効率的に点数が伸びます。

weblioの英語サービスなら、無料会員でも、単語を登録しておくことができます。

約1025万語収録の英和辞典・和英辞典。英語のイディオムや熟語も対応している他、英語の発音を音声でも提供。無料で使える日本最大級のオンライン英語辞書サービス。

紙でも、電子でもいいので、自分の使いやすいノートを作成して、定期的に見直すようにしましょう。

⑤苦手パートの克服

TOEICは、ほとんどの人が、

リーディングの得点リスニングの得点

です。

リスニングセクションは満点取得者がかなりいますが、リーディングセクションは満点取得者がほとんどいません。

だいたいの人はリスニングの方が100点くらい得点が高いです。

例えば、

リスニング 320点
リーディング 230点
合計 550点

このように、リーディングを苦手としている人が多いことは、スコア統計からも分かります。

TOEICテストの概要、サンプル問題、試験日程、申込方法、テスト結果などの受験案内。企業や学校の活用事例、スコアデータなどの情報をご紹介しています。

毎回のTOEICの結果もリスニングの方が100点くらい得点が高いです。

TOEIC900点を取得するにあたり、苦手なパートがあると、なかなか点数が伸びないので、難しいです。

TOEIC800点までなら、リスニングで点数を稼いで、リーディングが苦手でも、なんとかなるのですが、TOEIC900点は、すべてのセクションで点数をとらないと取得できないので、まずは、アビリティ・メジャー(アビメ)を見て、自分がどのセクションが苦手か確認しましょう。

リーディングでも、文法なのか、読解なのか確認して、苦手なセクションの強化が必須です。

各セクションに特化した問題集も多いので、特に苦手な分野は、集中的に勉強する必要があります。

苦手分野 勉強法
リスニング シャドーイング
文法 文法書の復習
長文読解 高地トレーニング

私も場合は800点台の時は、リスニングが100点程度高い点数でしたが、900点では、苦手なリーディングを攻略して、ほぼ同じ点数となりました。

リスニング リーディング 合計
450点 370点 820点
465点 470点 935点

単語と文法は、全セクションの基礎ですが、TOEIC900点を目指すには、苦手なセクションは、しっかり対策をしていきましょう。

⑥タイムストラテジーの見直し

TOEIC900点においても、タイムストラテジー(時間配分)は、非常に重要です。

800点台までと、同様に時間配分を考えてもいいのですが、必ず全問に挑戦して、ある程度の精度の高い解答をマークすることが、もとめられるので、時間が足りなくなりがちな人は、対策が必要です。

そのためにも、上記にある「スキミングとスキャニング」や「リーディングの高地トレーニング」を駆使して、早く解く練習も意識していかなければなりません。

このあたりが、TOEIC専用のテクニックと思われがちですが、通常の場合においても、英語のサイトを見るときなどに、とても役立つスキルだと思いますので、早解きは訓練して損はありませんよ。

⑦学習計画を立てる

現在の状況を可視化する意味で、学習計画を立てて、どの参考書をどのくらいやるなどの予定をたてて、その結果を反映することは、とてもおすすめです。

やらなければならないことが、明確になり、勉強の状況も管理できるので、面倒ですが、計画書を作って、更新しましょう。

TOEIC800点は、公式問題集1冊、単語帳1冊、文法書1冊くらいの3冊程度でも、繰り返し行なうことで、習得が可能ですが、TOEIC900点となると、いろいろと参考書も試したくなったり、飽きてきたりすると思うので、参考書の数も多くなってくると思います。

復習が一番重要ですので、消化不足にならないためにも、各参考書の復習期間があまり空かないように、計画を立てるのが、上達のコツだと思います。

⑧多読

TOEIC900点を目指すにあたり、文章をたくさん読んで、英語の構文に慣れ、英語を英語のまま理解するという、いわゆる英語脳になるためには、たくさん文章を読んでいくことが、必要不可欠です。

問題集でも、もちろんいいのですが、飽きてくると思うので、ちょっとした空き時間に読める英語のニュースサイトをご紹介します。

難易度★

英字新聞社ジャパンタイムズ

簡単で、短いニュースがたくさんあります。

なんと、日本語役もついているので、おすすめです。

英字新聞社ジャパンタイムズによるバイリンガル週刊紙、The Japan Times STのオンラインサイトです。政治、経済、科学、芸能、スポーツなど日本と世界の英語ニュース記事を注釈付きで掲載。音声も無料で提供。

難易度★★

毎日新聞が発行する英語新聞のTHE MAINICHI NEWSPAPERSです。

日本人が記事を書いたと思われる、分かりやすい構文が多く、読みやすいです。

Latest news and in-depth analyses on Japanese politics, business, crime,technology, society and culture from Okinawa to Fukushima to Tokyo,translated into …

難易度★★★

CNNです。

アメリカのニュースサイトでも、CNNは比較的読みやすいと思います。

記事も短くまとめた記事が多いです。

文字も大きくて読みやすい。

Find the latest breaking news and information on the top stories, weather, business, entertainment, politics, and more. For in-depth coverage, CNN provides spec...

難易度★★★★

New York Timesです。

とにかく長い記事が多くて、細かく書いてあるので、読むのに相当疲れます。

上級者向けです。

The New York Times: Find breaking news, multimedia, reviews & opinion on Washington, business, sports, movies, travel, books, jobs, education, real estate, cars...

難易度★★★★★

Fobesです。

経済などの専門用語が多く、詳細に書かれた記事が多いので、難易度が高いです。

企業ランキングなど、経済分野には定評があります。

小説やノンフクションが好きな方なら、ペーパーバックを読むのも良いと思います。

特に将来的に、英検1級を目指す計画もある方の場合、早めに、英語のニュースサイトを読む力を身につけておくことは、とても役にたちます。

⑨TOEICにハマって毎回受ける

英語が好きという人もたくさんいますが、そのなかで、TOEICが好きという人もかなりいます。

私も、最初の頃は、TOEICはかなり楽しかったので、勉強する動機付けになりました。

TOEICは、攻略本を読んだり、よく分からなかった問題を答え合わせをしたり、点数が出るのをドキドキして待ったり、楽しめる要素が多いと思います。

TOEICをたくさん受けると、試験慣れする、リサイクル問題によく出会う、モチベーションが維持しやすいなどのメリットがあります。

料金や時間のことを考えると、面倒になると思いますが、本格的に学習する間は、できるだけ毎回受けた方がよいと思います。

⑩モチベーション維持の対策

TOEIC900点を取得するには、最低でも1年はかかります。

よって、1年間、飽きないで勉強するためには、モチベーションの維持がとても重要になってきます。

留学や会社の昇進試験など、何か点数が明確な目的があれば、それでいいのですが、普通の就職・転職対策や、趣味などのために、点数のこだわりがない場合は、モチベーションが低下してしまします。

海外ドラマ・映画

海外ドラマ・映画は、TOEIC900点レベルでも、まだ難しくて、学習には不向きですが、モチベーションを維持する目的で鑑賞するのは、おすすめです。

法廷もの(DAMAGESなど)や犯罪解剖もの(CSIなど)は難しくて、コメディ(FRIENDSなど)は簡単と言われていますが、どれも難しいと思うので、好きなものを観た方が、気分転換になると思います。

オンライン英会話

私も何回かやってみましたが、点数が上がる効果は低いと感じます。

最初の3ヶ月くらいは、会話のキャッチボールのやり方が練習出来て、おすすめなのですが、TOEIC対策としては、微妙だと感じました。

気にいっている方は、モチベーションを維持する目的で続けるのはいいと思います。

合う・合わないがあると思うので、一度やってみることをオススメします。

インダビュー・会話(Youtube)

これが一番のおすすめです。

インダビューや会話は、ドラマと違って、日常会話なので、とても簡単な英語が多くて、勉強に向いています。

特に、海外のテレビ・ショーの作品がたくさんYoutubeにあるので、ちょっとした隙間の時間などに見ることができて、それほど難しくもないので勉強にもなり、自分でも出来そうなレベルなのでモチベーション維持にもつながるので、とてもおすすめです。

いろいろな作品がありますが、私が気に入ってよく見るテレビ・ショーをご紹介ます。

The Ellen DeGeneres Show

アメリカ人気No.1のEllen DeGeneresのテレビ番組「The Ellen DeGeneres Show」通称「ellen」です。

毎日、おもしろいコーナーと、ゲストを招いてのトークショーやクイズを行っています。

Ellenは、知的、かつ、おもしろい、かつ、発音がLoud & Clearなので、勉強にもピッタリ!

こちらは、Justin Bieberをゲストに招いて、JustinのBig fanをkidnapするサプライズ企画です。

難しい単語が一つも出てこないので、分かりやすいですね。

The Tonight Show Starring Jimmy Fallon

NBCの長寿番組「The Tonight Show」です。

現在のホストは、Jimmy Fallonです。

Jimmyもおもしろくて、歌もうまいんですよね。

こちらが、アメリカ大統領のドナルド・トランプをゲストに招いたときに、疑惑のヘアーについて、”Can I mess your hair up?”とお願いした時のビデオです。

こちらもゲストが毎回豪華なんですよね。

Saturday Night Live

NBCの長寿番組「SNL」こと「Saturday Night Live」です。

この番組は、トークというより、歌やコントやクイズが中心ですが、おもしろくて、番強になるので、おすすめします。

人気の音楽ストリーミングサービスTIDALのInternshipとして働く、Arana Grandeが、Power outageのために、一部のアーティストの配信が停止してしまったのを、モノマネで助けるという設定のコントです。

Arianaは、モノマネがとてもうまくて、レパートリーがおおいです。

JAY-Zのものまねも、すごく似ています。

スタバのGrande(グランデ)とArana Grandeを、何回もかけています。

この例は分かりやすいですが、このような掛け言葉などが、ドラマや映画で出てくると分からない部分ですね。

Watch What Happens Live with Andy Cohen

いまアメリカで一番おもしろいのがコレ。

Andy Cohenがホストを務める「Watch What Happens Live」、通称「WWHL」です。

これも配給はNBC系列のBravoです。

毎回、過激なことを聞くので、翌日のタブロイドで、毎回取り上げられます。

Plead The Fifthは、いわゆる黙秘権のことですが、3つの質問で、一つだけ黙秘権を発動できるという人気コーナーです。

Mariah Careyがゲストの回では、離婚に関するBreak Up agreementや長年の宿敵Jennifer Lopezの話に必ずなります。

なお、Mariah CareyとJennifer Lopezの敵対関係は1999年あたりまで遡り、MariahがJenniferについて聞かれて「I don’t know her」と答えた件は、インターネット・ミームとなっており、今回もDemi Lovatoに「I don’t know her either」と発言しているなど、毎回話題の番組です。

Lopez Tonight

残念ながら終了しましたが、タイム・ワーナー傘下のTBSで放送していた「Lopez Tonight」もおすすめです。

George Lopezとゲストとの会話がとてもおもしろいです。

Cameron Diazが、同じ高校に通っていたというSnoop Doggy Dogに関して「It’s pretty sure I bought weed from him.」と語っています。

後半も爆笑ですね。

「Your name is most dangerous name to search on internet, google.」と聞かれたキャメロンですが、さすが、怖いものなしですね。

いかがでしょうか?

ドラマや映画と違って分かりやすく感じませんでしたか?

これ以外にも、たくさんのテレビ・ショーがあるので、探すと面白いです。

インタビューなども、たくさんあるので、そちらもおすすめです。

まとめ

最短でTOEIC900点の勉強法・攻略法・テクニックをご紹介しました。

TOEIC900点は、難しいので、それほどおすすめ出来ないのですが、英語を本当に話せるようになりたいとしたら、TOEIC900点は、スタートラインであり、ここで挫折するようであれば、英語を話せるようにはなりません。

つまり、800点と比べると、難しいものの、英語を習得するという観点から見ると、とても簡単であるレベルです。

TOEICは、よく考えられた良問が多いので、TOEIC900点は、英語学習をするにあたり、遠回りということはありません。

本当の使える英語を身につけたいなどとよく分からない理由で、TOEICを避けている方も、是非、挑戦してもらいたいです。

TOEICの点数がマイルストーンとなり、目に見える形で、実力がアップしていくと思います。

大変だと思いますが、頑張って下さい!!