三井住友VISAカード<クラシックカード>の発行と利用で最大18,000円相当がもらえる!

【動画あり】アメリカの空港で暴動発生!この7日間だけで300フライト以上がキャンセルされる異常な航空会社がアメリカにあった!

【動画あり】アメリカの空港で暴動発生!この7日間だけで300フライト以上がキャンセルされる異常な航空会社がアメリカにあった!

現地時間5/7、フォートローダーデール・ハリウッド国際空港で、旅行客の暴動があり、少なくとも3人以上が逮捕されたと報道されています。

 

空港では悲鳴が鳴り響き、乗客たちは非常に怒っているようです。

事件は、フロリダ州ミラマー市に本部のあるアメリカ企業のLCCであるスピリット航空の乗客たちの不満が爆発したために発生しました。

スピリット航空では、パイロットと航空会社との法的争いが原因により、過去7日間だけで300以上のフライトが突然キャンセルされています。

その影響で、20,000人以上が影響を受けたとみられ、今なお乗客の不満が高まっているようです。

 

動画はこちらです。

 

Yet again, cellphone video has captured a chaotic slice of air travel — this time, on the ground.

またしてもスマホカメラでカオスな空の旅が撮影される – 今回は地上で。

 

 

事件の背景は、パイロット不足と、それに関わる航空会社とパイロットの労働組合の間で争われている労働争議の影響によるものです。

パイロットと労働組合では、賃金値上げを要求しており、現在も条件をめぐっての紛争が続いています。

ユナイテッド航空の引きずり降ろし事件以降、アメリカでも航空会社に関係したニュースは非常に大きく取り扱われています。

今回のパイロット不足も、マイナーなLCC航空会社で発覚したことですが、他の航空会社も同様の問題を抱えており、他の航空会社への波及が懸念されています。

 

 

CNBCの報道によると、現在は暴動は収まったものの、乗客は現在も飛行機に乗ることが出来ずに、空港の冷たい床で待機させられている状況だと報道しています。

 

 

 

銃乱射の空港

なおフォートローダーデール・ハリウッド国際空港は、2017/1/6に、アラスカ州の元州兵の男が拳銃を乱射して、5人が死亡、8人が負傷する事件があり話題となった空港です。

男はイラクに派遣された経験があり、軍所属を示す身分証明書を所持していました。