【緊急企画】告知用
【緊急お得情報!】無料のクレジットカードの発行と利用で最大17,700円相当がもらえるキャンペーン!

【緊急お得情報!】NTTグループカードの発行と利用で17,700円相当がもらえる!なんと年会費無料!
【緊急お得情報!】NTTグループカードの発行と利用で17,700円相当がもらえる!なんと年会費無料! ハピタスで7,7...

マイルを簡単に貯める方法

スポンサーリンク
sponsored link
スポンサーリンク
sponsored link

マイルを簡単に貯める方法

マイルを貯めることは一般的には難しいです。

マイルを貯める一般的な方法で見てみると…

飛行機に乗った時に付与されるマイル

東京から大阪への片道の正規料金(付与率100%)の場合

片道280マイル、往復560マイル

東京(成田)からハワイ(ホノルル)への片道の正規料金(付与率100%)の場合

片道3,831マイル、往復7,662マイル

クレジットカードの決済で付与されるポイント

標準的な決済金額の1%の還元率で、ポイントからマイルへの交換レートが50%の場合

  • 100万円決済→10,000ポイント→5,000マイル
  • 300万円決済→30,000ポイント→15,000マイル
  • 500万円決済→50,000ポイント→25,000マイル

これでは、なかなかマイルは貯まりません。

出張などに頻繁に行く方や毎月何百万円もクレカ決済をする方以外は、この方法でマイルを貯めることは不可能です。

しかしポイントサイトを使い、ある方法でANAマイルに交換すると、簡単にマイルが貯まります。

このような飛行機に乗らず、日常生活でマイルを貯める人を陸マイラー(おかマイラー)と言います。

陸マイラーになると、毎月18,000マイル、年間で216,000マイルも貯めることが可能です。

必要なマイルはどのくらい?

必要なマイル数は、ご利用になれる期間と区間によって異なります。

国際線の場合は、さらに座席(エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス)によって異なります。

大人も子どもも必要なマイル数は同じです。

国内線(ANA国内線特典航空券)

片道では、5,000マイルから取得可能です。

往復では、10,000から取得可能です。

繁忙期は、閑散期の約1.5倍です。

例えば、東京から大阪への往復の場合は、L(閑散期)が10,000マイル、R(通常期)が12,000マイル、H(繁忙期)が15,000マイルとなっています。

他の例として、東京から沖縄への往復の場合は、L(閑散期)が14,000マイル、R(通常期)が18,000マイル、H(繁忙期)が21,000マイルとなっています。

ANA国内線特典航空券のシーズン・必要マイルチャートはこちら。ANAのフライトや生活シーンでマイルが貯まる「ANAマイレージクラブ(AMC)」。航空券予約をはじめ、ボーナスマイルやキャンペーンなど簡単・便利・お得なサービス満載。

国際線(ANA国際線特典航空券)

国際線は片道がなく、往復のみです。

エコノミークラスは、往復12,000マイルから取得可能です。

ビジネスクラスは、往復25,000マイルから取得可能です。

ファーストクラスは、往復105,000マイルから取得可能です。

繁忙期は、閑散期の約1.3倍です。

例えば、日本からハワイへのエコノミークラスの往復の場合は、L(閑散期)が35,000マイル、R(通常期)が40,000マイル、H(繁忙期)が43,000マイルとなっています。

日本からハワイへのビジネスクラスの往復の場合は、L(閑散期)が60,000マイル、R(通常期)が65,000マイル、H(繁忙期)が68,000マイルとなっています。

現金だとエコノミーの3倍くらいするビジネスクラスの特典航空券が、約1.5倍程度で取得できるので、ビジネスクラスがお得です。

ANA国際線特典航空券の概要はこちら。ANAのフライトや生活シーンでマイルが貯まる「ANAマイレージクラブ(AMC)」。航空券予約をはじめ、ボーナスマイルやキャンペーンなど簡単・便利・お得なサービス満載。

簡単にANAマイルと貯める方法は「ハピタス」と「ソラチカルート」

最強のポイントサイトのハピタス

ハピタスの魅力は総合力にあり。

長い歴史があり倒産の危険が少ない

ハピタスの前進であるポイントサイト「ドル箱」から10年以上の歴史があり、運営実績の長さは非常に安心感があります。

会員数が180万人を突破しており、運営会社の株式会社オズビジョンの売上高は10年連続で2ケタ成長で、経営も安定しています。

問い合わせにすぐに対応で安心できる

私もこれまで、分からないことやポイントがいつ付与されるかなどの疑問がありましたが、すぐに回答メールがあり、質問に対する回答の早さは、数あるポイントサイトでもダントツの1位です。

このサポートの強さが、初心者の方にも強くおすすめできる理由です。

案件が多く、サイトが分かりやすい

ハピタスのショッピング提携サイト

ハピタスでは2,000社を越える企業と提携しており、楽天、Yahoo!、イオン、ビックカメラなど、いつものショップでお買いものされる際にハピタスを経由すると、各店のポイントとは別に、ハピタスポイントが貯まります。

ショッピング以外にも、クレジットカード発行やFX口座開設、旅行やサービス利用など案件が豊富です。

ハピタスはサイトが分かりやすく、1ポイントが1円で換金できるので単純明快です。

ハピタスの仕組み

ハピタスは提携している企業から広告費をもらい、企業からの案件を掲載しています。

ハピタス仕組み

ハピタスでは、上記の図のようにまず企業の広告を掲載します。

そして、利用する会員の方は、その広告を見て利用すると、企業が宣伝費としてハピタスにポイントを支払ます。

そして、ハピタスが会員にその一部をポイントとして還元します。

ポイントサイトはみんなが得する仕組み

つまり、ポイントサイトは、企業にとってはサービスの利用者が増え、ハピタスも広告費をもらい、利用者もポイントが還元されるという全員が得をする仕組みになっています。

もらえるハピタスのポイントは、広告費の一部の還元ということを知っておいて下さい。

ハピタスでのポイントの貯め方

具体的にハピタスでどのようにポイントを貯めるか、いくつかのパターンを説明します。

1:ショッピングで利用

いつも利用している「楽天」や「ヤフオク」や「じゃらん」や「ロハコ」などのショッピングですが、ハピタスを経由するだけで、ハピタスのポイントがもらえます。

もちろん楽天ポイントやTポイントなど、利用先のポイントも貯まるので、
ポイントの二重取りが可能です。

ハピタスを経由するデメリットはありません。

毎回、ハピタスを経由する癖をつけて、大きな買い物では、絶対にハピタスを経由することを忘れないようにしましょう。

2:クレジットカードの発行で利用

クレジットカードの新規発行で数千ポイントがもらえます。

年会費無料のカードもたくさんあります。

カード会社のキャンペーンも実施している場合は、ハピタスポイントとキャンペーンの二重取りが可能です。

詳しくはこちらです。

【お小遣い稼ぎ!】クレジットカード発行で毎月10,000円稼ぐ裏技!【今月のオススメ案件はコレだ!】
【お小遣い稼ぎ!】クレジットカード発行で毎月10,000円稼ぐ裏技!【今月のオススメ案件はコレだ!】 クレカ発行を利用したお小...

注意点:クレカは毎月1枚ずつに抑える

クレジットカードの発行には、信用情報機関(CIC)の審査があります。

一気に何枚も作ると、お金に困った顧客だと思われてしまいます。

クレジットカードは一気に作らずに、クレジットカードの発行は毎月1枚にしましょう。

3:FX口座開設で利用

このFX口座開設は、非常におすすめです。

1つの証券会社で、10,000ポイント以上の獲得が可能です。

取引が必要なため、少し面倒ですが、一気にマイルが貯まるおすすめ案件です。

詳しくはこちらです。

【簡単おすすめ!】FX口座開設/取引で、10万円のお小遣い稼ぎ!!
FX口座開設/取引で、10万円のお小遣い稼ぎ!!~ANAマイルに交換すれば、タダで海外旅行にも行ける~ FX口座の開設をして、少し取引をす...

4:50%以上バック案件

ハピタスの「ショッピングでためる」のメニューに「50%以上バック」というカテゴリーがあります。

このカテゴリーにある商品を購入すると、商品購入代金の50%以上が返ってきます。

商品を使うもよし、オークションに売却するもよしのお得なポイントバック案件です。

どうせ購入するなら、この50%以上バック案件のなかから選んで購入すると、実質半額以下で購入できるのでお得です。

5:アンケートや宝くじは貯まらない

アンケートはポイント数が少ないため、ポイントがまったく貯まりません。

効率が悪いのでおすすめできません。

宝くじも当選確率が低いので、同様におすすめできません。

ハピタスポイントの交換先

貯まったポイントは現金やギフト券、各種電子マネーに交換できますが、マイルを貯めたい方は
「.money(ドットマネー)ギフトコード」に交換しましょう。

理由はこの後に説明する「ソラチカルート」に交換するためです。

マイルを貯めるのは直接交換ではなくソラチカルート

ソラチカルートとは?

ANAマイルを効率よく貯めるのは「ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB」、通称「ソラチカカード」が必要です。

この「ソラチカカード」は東京メトロとJCBが発行するクレジットカードですが、持っているだけで、“.money(ドットマネー)ギフトコード”を90%の交換レートで、ANAマイルに交換可能です。

50%の交換レートが90%交換になる

通常の交換ルートだと、50%の交換レートが一般的ですので、この90%という交換レートがいかに驚異的かわかると思います。

この「ソラチカカード」を使った90%の交換レートでANAマイルに交換する手順を一般的に「ソラチカルート」と言います。

ソラチカルートの月間の交換限度は、20,000ポイントで、毎月1回のみ申請可能です。

「ソラチカカード」は初年度以降は2,000円の年会費がかかりますが、90%という交換レートを考えれば非常にお得です。

この90%交換のためだけに持つクレカです

ソラチカカードについてですが、通常の買い物などの決済での還元率は、特に高い訳ではないので、買い物などに使用するメリットは特にありません。

持っているだけで、「ソラチカルート」が使用可能なため、それだけで陸マイラー必須のクレジットカードです。

東京メトロが発行しているということもあり「メトロポイントPlus(乗車ポイント)」や「PASMOオートチャージサービス」や「定期券搭載可能」などのサービスも利用可能です。

詳しくはこちらです。

東京メトロが発行している「To Me CARD」の公式サイトです。提携サービスやメトロポイント、オートチャージサービス、SF乗車ポイントの情報をご覧いただけます。

【デメリット】交換には日数がかかる

ここが唯一のデメリットです。

ハピタスから.money(ドットマネー)ギフトコードへの交換日数は?

交換申請の翌日から3営業日程度(土・日・祝日を除く)

月間の交換限度は、30,000ポイントまで

.money(ドットマネー)ギフトコードからメトロポイント(ソラチカカード)への交換日数は?

最短で、約1ヵ月

※毎月15日が締切日となっており、15日を過ぎて交換申請すると、メトロポイントへの交換は、翌々月の11日頃になり、約2ヵ月間となってしまいます。

※メトロポイントへの反映は、交換申請月の翌月の11日前後です

メトロポイント(ソラチカカード)からANAマイルへの交換日数は?

最短で、約1ヵ月

※毎月15日が締切日となっており、15日を過ぎて交換申請すると、メトロポイントへの交換は、翌々月の5日頃になり、約2ヵ月間となってしまいます。

月間の交換限度は、20,000ポイントで、毎月1回のみ申請可能です。
ソラチカカードの交換レートは、100メトロポイント→90ANAマイルなので、月間で、18,000ANAマイルが上限です。

交換日数まとめ

つまりハピタスからANAマイルに交換するまでは

  • 案件の利用でのハピタスポイント獲得(即時付与から90日程度までさまざま)
  • ハピタス→ドットマネー(4日程度)
  • ドットマネー→メトロポイント(最短1ヵ月)
  • メトロポイント→ANAマイル(最短1ヵ月)

このように最低でも2ヵ月かかります。

ハピタスポイントが60日後に付与されるような案件だと、案件利用から4ヵ月程度かかります。

この時間がかかるというのが、このソラチカルートを使ったマイル貯め方の唯一のデメリットです。

マイルの貯め方ソラチカルートについてのお得な裏技についてご理解頂けましたか?

是非、ハピタスに登録して、日常生活を通してマイルを貯めましょう。

普段使っているサービスの前にハピタスを経由するだけでなので、とっても簡単でお得です。

ハピタスの登録

申し込みはこちらから

まずは「ハピタス」に登録して、「ハピタス」から申し込みましょう。

ハピタスと楽天のキャンペーンを両方ともが獲得可能です。

早い者勝ちです。

年会費や入会金は一切かかりません。

初回はメールと携帯電話の認証がありますが、簡単に登録可能です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

賢い人のお得なサイト | ハピタス