【緊急企画】
年会費実質無料だからリスクなし!
簡単お小遣い稼ぎ!


セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの発行と利用で
10,000円のお小遣いがもらえます
【年会費実質無料の最強アメックス】セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの発行で10,000円のお小遣いがもらえます!
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの発行で10,000円のお小遣いがもらえます! ハピタス...

下町ボブスレーの粗悪品がジャマイカから使用拒否され、日本の技術力の無さが世界にバレてしまう

下町ボブスレーの粗悪品がジャマイカから使用拒否!損害賠償請求か

国産そりを開発する「下町ボブスレー」が、ジャマイカ連盟から品質が低いため、平昌冬季五輪で使用しないと発表した問題で、「下町ボブスレー」のプロジェクト推進委員会が法的措置を取るという意向を明らかにしました。

下町ボブスレー逆ギレ!「私たちはこうしてジャマイカに騙された」
下町ボブスレー逆ギレ!「私たちはこうしてジャマイカに騙された」 下町ボブスレーは、ジャマイカチームへのソリを作るプロジェクトで、日...

下町から始まったプロジェクトは大手各社が協賛し、教科書にもサクセスストーリーが掲載されるなど国家プロジェクトにまで拡大。

「下町ボブスレー」使用が確認できなかった場合は損害賠償請求などの法的措置を取る方針

東京都大田区の町工場が中心となって国産そりを開発する「下町ボブスレー」のプロジェクト推進委員会は5日、ジャマイカ連盟から平昌冬季五輪で使用しないと連絡があったことを受けて、同区内で記者会見した。推進委は「約束したことがなぜこんなに簡単にひっくり返るのか。何を信じたらいいのか残念で悲しい気持ちしかない」と述べた。また、実際に使用されなかった場合は法的措置を取る方針を明らかにした。

細貝氏は今回の連絡について「ラトビア製のそり(との比較)に何らかの原因があると思う」としたうえで、「契約には比較という言葉はない。互いに改良、成長し運命共同体で頑張っていこうと契約を交わしたはずだ」と無念さにじませた。

推進委は提供したそりで冬季五輪に参戦する契約を同連盟と締結しており、使わなかった場合の違約金として「そり1台あたりの開発費と輸送費の合計金額の4倍、6800万円」と規定があるという。今後もぎりぎりまで交渉は続けるが、実際に使用が確認できなかった場合は損害賠償請求などの法的措置を取る方針。

東京都大田区の町工場が中心となって国産そりを開発する「下町ボブスレー」のプロジェクト推進委員会は5日、ジャマイカ連盟から平昌冬季五輪で使用しないと連絡があったこ…

下町のそりは「遅い」「安全でない」「機体検査に不合格」

東京都大田区の町工場が開発した「下町ボブスレー」が平昌(ピョンチャン)五輪直前に、ジャマイカチームから「使用拒否」を通告された。不採用の事情について、ジャマイカ・ボブスレー連盟のクリスチャン・ストークス会長が朝日新聞の取材に答えた。

友人たちと、緊密に取り組んできた」とストークス会長は言う。 行き違いの始まりは昨年12月のワールドカップだという。輸送トラブルで下町のそりが届かず、ジャマイカチームは急きょラトビア製のそりに乗った。「すると驚異的に成績が伸びた。五輪出場権獲得へ大事な時期だった」とストークス会長は話す。このそりに乗り続け、出場権を獲得した。

一方、下町のそりについて、ストークス会長は「遅い」「安全でない」「機体検査に不合格」の3点を強調。
「1月に行われた2度の機体検査に不合格だった。五輪でも失格の恐れがあった」と語る。

下町側は不合格を認めたうえで、「すぐに修正できる細かい違反だけ。一時は合格も出た。五輪には間に合う」と反論した。だが、ジャマイカ連盟は実績のある海外メーカーを選んだ。

下町ボブスレーが改良されてきたのは間違いない。「彼らは一生懸命取り組み、日本はそれを誇りに思うべきだ。ただ、ボブスレー作りは難しく、多くの国や企業も失敗してきた。
恥ずべきことではなく、勇気ある時間だった」とストークス会長は強調した。

 東京都大田区の町工場が開発した「下町ボブスレー」が平昌(ピョンチャン)五輪直前に、ジャマイカチームから「使用拒否」を通告された。不採用の事情について、ジャマイカ・ボブスレー連盟のクリスチャン・ストー…

マスターズインタビュー第6回は下町ボブスレープロジェクト推進委員会の細貝淳一ゼネラルマネージャーが登場。金属材料を販売する会社を経て、1992年にアルミ加工業の「マテリアル」を創業し、2011年に大田区の町工場でボブスレーを作る「下町ボブスレープロジェクト」を立ち上げた。

開始した経緯

「誰がボブスレーって考えたんですか?」

大田区産業振興協会の職員が、「炭素繊維でオリンピック目指したい」と言っていたら持ってきてくれた。しかし、ボブスレーの知識は完全にゼロ。
そこで仙台大学からメンテナンスをすることを前提にソリを借りて来て分解。

中を見ての感想は「こんなもんか」。

それを参考に、とりあえず試しに1台作ることに。それがメディアに注目され、それをみた北海道の選手が「私たちに作ってほしい」と名乗り出るなど、嬉しい連鎖が生まれた。俄然やる気になった細貝社長。その後、若手の経営者を呼んで、テーブルの上に図面を広げて、「好きな図面を持って言ってくれ!」と呼びかけてチームが編成。プロジェクトがスタートした。

陽気なおしゃべりマスター!アメリカ帰りのプロゴルファー・ゴルフ解説者タケ小山がゴルフマネジメントで培った独自の視点で経済・ビジネス分野を中心とする各ジャンルの「ニュースマスター」達とガチンコトーク!ニュースが今日使えるビジネスのヒントに!聴く!ニュースビジネス誌「The News Masters TOKYO」で今日の仕...

外務省にも紹介される

下町ボブスレー ~ジャマイカで結実した日本の職人魂と外交魂~

「『世界最速のマシンをつくりたい』30社を超える町工場が、これまで培ってきた、ものづくりの力を結集して、(中略)世界に挑んでいます。」
これは、2013年2月の第183回国会における安倍総理大臣施政方針演説の一節です。
東京都大田区には細貝淳一さんを筆頭に、ボブスレーにより世界一を目指して邁進(まいしん)する職人達がいます。

ボブスレー競技は、日本ではまだマイナースポーツで、競技力も高いとは言えませんが、
欧州では人気スポーツの1つで、ソリの開発にフェラーリやBMW、マクラーレン等の名だたる大企業が携わっています。
その中で、初のMade in Japanのソリの開発を始めたのが大田区の「下町ボブスレーネットワークプロジェクト」です。
このプロジェクトは2011年に開始され、翌年に第1号機を完成させ、
2013年3月には、日本産ボブスレーが国際大会にデビューを果たしました。
同年6月に下町ボブスレー合同会社を設立し、Japanブランド育成支援事業にも認定されるなど、常に進歩を続けてきました。

下町ボブスレーの粗悪品がジャマイカから使用拒否され、日本の技術力の無さが世界にバレてしまう

ゴミみたいな物しか作れない癖に違約金やら賠償金
納期に遅れる、検査基準にそぐわない粗悪品
下町で開発して無償で使わせるで(美談)

その代わりステッカーをベタベタ貼ってそっちからスポンサー料もらうで

ファッ?!使わん?ならワイらがスポンサーから違約金取られるやんけ!

ジャマイカから金取り返したろ!
ナメプかな?
秒単位で争う世界競技で
「2秒遅いくらいなら殆ど変わらないんだからウチの使えや」
って結構鬼畜だよな。
自分のことを池井戸潤小説の主人公だと思ってる精神異常者
こんなのに企業や総理が群がってた事実
ポンコツにポンコツが乗ってる画像

また安倍案件かw
そりゃ周囲が忖度しまくって金も投入されるわな
結果、これ
森友もまともな幼稚園や小学校じゃない
加計もまともな獣医学部じゃない
スパコンも詐欺
リニアは不正
強姦は逮捕取り消しで世界に報道される
下町ボブスレーも粗悪品に恫喝とw
直前の検査に2度も不合格

>下町のそりについて、ストークス会長は「遅い」「安全でない」「機体検査に不合格」の3点を強調。
「1月に行われた2度の機体検査に不合格だった。五輪でも失格の恐れがあった」と語る。

検査不合格の粗悪品に対して勇気ある時間だったって
そこまで言ってくれるなんて優しいだろう
日産や神戸製鋼の検査員だったらパスできたのに・・・
テレビで特集してたっけ
まぁ単に技術競争で負けただけの話だ
駄目な性能なやつを使いたくないよな
無償で提供しといて実態は検査に引っ掛かる粗悪品
返品したら違約金払えや

ここだけ見てると立派な悪徳商法なんだけど

他製品を使う機会を一度でも作ってしまったから…
比較されたらおしまい
>2.ブレーカーがつかまる取手 樹脂の取手だったため強度が弱かった。瞬間的な強い力により壊れた

怖すぎだろ…

下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会は、日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟から、来年2月のソチ冬季五輪において「下町ボブスレー」を採用しないとの連絡を受けました。
選手は命かけてるのに、こいつらは子供の工作レベルだな
1回も試乗してないのか?
選手の命にかかわるなこれ
すごい量のダメ出しされてるように見えるけどこれ普通なんかな
日本の町工場の技術は世界一という謎の幻想
海外の大企業が頼ってくるとかホルってるけど
それただ安くこき使われてるだけだから
今や世界中だ日本製ってのは粗悪品の代名詞
マイナースポーツだし余裕で覇権取れるだろと意気揚々で乗り込む

ジャップチームに売り込みかけるもスペックしょぼくて使えねーと捨てられる

再度ジャップチームに売り込みかけるもまたもや捨てられる

何も知らないジャマイカ相手に売り込み違約金ビジネスを始める
欠陥品のARROWSを一括ゼロ円で提供
故障不具合出まくり
仕方なく解約しようとしたら
高額の違約金請求

これが日本

違約金請求はおかしい!となると「契約とは何ぞや」ってなるよな
他の遅いとかの理由ならまあ賠償金払って早いの乗りって思うけどさあ
1月に検査2回も通らないような不良品渡してたなら話しが違うわ
ドラマ化決定やな
下町が悪役側で
ドラマはNHKが既に放送したから

あとは映画だよ
ジャップに安全検査で弾かれる粗悪品を送り付けられ賠償金を請求されながら
たまたま有った中古のラトビアソリで困難を乗り越える
ジャマイカチームで映画化

ジャマイカは違約金払わなきゃだし
町工場は技術力、開発力のなさが露呈
誰も得をしなかったな
オリンピック前後のジャップテレビの感動ポルノほんま臭すぎだから
ネタが一個減ってよかったわ
広告代理店がマイナースポーツだと思って舐めてかかったら相手は巨人だったって話なんだろうな
相手がBMWやフェラーリだと知ってた上で勝てると思ってたらしいぞ

大野「モノ作りで言うと、大田区は世界のトップレベルにあると思います。
部品なり、パーツなり、モノを作る技術は、BMWにもフェラーリにも劣らないものを持っていると思います。

あとはその全体を組み合わせた時、パイロットなどに合わせるなどして、ボブスレーを追及していきたいです。
多分、世界も新しいものをどんどん開発してくると思うのですが、同じものを作っていこうとは思いません。

「日本オリジナル」として、日本人のモノ作りの発想とか、発想の転換で、世界と差別化したいです。

それはすぐに到達できるものではないと思うんですけど、試行錯誤があって、早く検証して、改良していくという形になると思います」

 ソチ冬季五輪が現地時間7日(以下同)に開幕し、各競技で熱戦が繰り広げられた。マウンテン・クラスターのスライディング・セ…

メルセデスやフェラーリに勝つつもりで居たけど最下位争いしてたホンダF1を思い起こさせるな
「日本オリジナル」=自分たちのサッカー
ライバルは、フェラーリにBMW

ラトビア製にも惨敗。その先も痛すぎて読めない

「ライバルは、フェラーリにBMW」モノづくり世界No.1の力をアピールする場は、オリンピック。下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会(委員長・國廣愛彦)が発足して6年の時が流れた。
最も大事なパーツにして最も製造技術が必要なカーボンボディは大田区の下町工場では作る能力がないので滋賀県の東レカーボンマジックに作ってもらいました

えぇ…

下町何を作ったの?
塗装?
下町ボブスレー逆ギレ!「私たちはこうしてジャマイカに騙された」
下町ボブスレー逆ギレ!「私たちはこうしてジャマイカに騙された」 下町ボブスレーは、ジャマイカチームへのソリを作るプロジェクトで、日...