三井住友VISAカード<クラシックカード>の発行と利用で最大18,000円相当がもらえる!

ベルセルクのキャスカが復活!?完結に向けての大きな伏線となるか

ベルセルクのキャスカが復活!?完結に向けての大きな伏線となるか

今週のヤングアニマルのベルセルク(BERSERK)でキャスカが正気になり、記憶を取り戻したのではないかと話題となっています。

ベルセルク(BERSERK)

ヤングアニマルにて連載されている三浦建太郎による漫画

巨大な剣を携えた剣士ガッツの復讐の旅を描いたダーク・ファンタジー

キャスカは主人公ガッツの恋人で、復讐相手であるグリフィスに犯されて以降は記憶喪失と幼児退行に陥り、ガッツを含めた成人男性や、性的な行動に激しい拒否反応を示すような状態となっています。

 

ベルセルクのキャスカが復活!?完結に向けての大きな伏線となるか

昔のキャスカなんて俺らも記憶にないよ
ちなみにキャスカが蝕で壊れたのは1997年だから、正気に戻るのは21年ぶりらしい
これは終わらせに行ってるな
正気を取り戻すことがキャスカの幸せには繋がらないみたいなこと髑髏か誰かが言ってたし蝕絡みのトラウマどうするつもりなんやろ
あんまり正気に戻ってる顔に見えへんのやが
妖精島行きの船乗ってから見てないんやがどうなったんや?
ガッツ達、キャスカを救う為に妖精島に到着
リッケルト組、グリフィスと逢うも喧嘩別れをしてチャクラム使いや恵体ニキ達のアジトへ向かう

ガッツ達は無事妖精島での目的を果たしたことやし次はリッケルトとピピンの再会やで

最近絵柄優しくなってきたね
とりあえず単行本新刊待ってます
キャスカは意識が戻ったらグリフィスの方に着くんやろなあ
ガッツが望んでもそれはキャスカの望むこととは限らない~みたいなシーンもあったしな
それはトラウマ的な意味ちゃうか
トラウマを払拭できなきゃ廃人になるみたいな意味かと思うけどな
キャスカは正気失う前は強くて良い女だったんだけど
余りにあうあうあーの時期が長すぎ、ガッツの足引っ張りすぎでもう良い印象がない
そもそもグリフィス倒したいけどキャスカ放置できんからとりあえず治すってだけでグリフィス討伐へ一歩も進めてないやん
グリフィスはガッツとキャスカの子共を媒介に受肉しとるし
ドラゴン殺しは今までの旅で斬魔刀に進化しとるし
ガッツはグリフィスに烙印刻まれてるし
他のゴッドハンドはともかくグリフィスだけには攻撃が届く伏線はちゃんと張ってある
ピピン生存説根拠
①死亡シーンが直接描かれていない
②ピピンの背中の穴はピピンが羽化した時のもの
③そもそも恵体のピピンが死ぬ訳ない
羽化前提なの草
なんでグリフィスは蝕の時ガッツを犯さんでキャスカを犯したんや…好きでもないのに
ガッツへの嫌がらせやぞ
キャスカレイプやってても目線はがっっつりガッツ
グリフィスはもうガッツの事どうでもええんか?
絶対ここまで這い上がってこいって待ってるやろ
殺そうと思えばすぐにでもできる力量差あるやん
もうはやく完結してくれ
そうしたら最初から読み返す
今はギャグパート多すぎ
もう一回蝕起こして
触が13巻で今は39巻まで出てるけど
触以降大して話が進んでないという
まあ力でグリフィス倒すみたいな終わり方はしないだろな
あんなもんに勝てないし、もし勝ったら白けるし
結局へんちくりんな人情話で終わりそう
結局ベヘリットで今の仲間触で喰わせるんだろ?
でもさ

今の三浦にそれ描写できるのかね
それやるのが嫌で引き伸ばしてるようにしか見えん

骨とゴッドハンドの関係もまだ描写されてないし終わる気配が無いわ
結構真面目に考察してみたけど、最近の展開だと1Q84みたいな
「大きな物語」から「小さな物語」へ回収されるENDが一番しっくりきそう。
なので、キャスカ復活によりガッツとともに平凡な幸せを掴むまでを小さな物語だと
捉えるなら、確かに終わりは近いかもしれない。
俺はゴッドハンド仲間割れ説を推す
結局グリフィスに復讐するんかこれ?
どこに着陸すんのかわからん
妖精と魔法使いとバーキラカで組んでグリフィスと戦争でもするのか?
終わりが見えんが
もうデビルマンエンド以外の終わらせ方無いけどな
最終戦は

グリフィス率いるファルコニア
vs
ガッツ一味 ピピン

説が優勢やな

ガッツもうボロボロすぎて可哀想やわ
キャスカがグリフィスに膣堕ちして失意のガッツが今の仲間捧げて蝕起こすのが筋書きだろ
もうみんなでちゃぶ台囲んで話し合いで決着つけようぜ
ダラダラやってももうダメだろコレ
グリカスがガッツに殺されて
最後はゴッドハンドの面々が意味深なことを言って完やろなあ
安定してるように見せてるだけで絶対もうひと波乱あるやろ
そこでクライマックスまで持っていけなかったら完結しないし読者ももう辛いな

ベルセルク 39 (ヤングアニマルコミックス)