三井住友VISAカード<クラシックカード>の発行と利用で最大18,000円相当がもらえる!

【動画】R―1ぐらんぷり、濱田祐太郎が優勝!全盲に近い弱視の障がい者芸人

【R―1ぐらんぷり】濱田祐太郎が優勝!全盲に近い弱視の障がい者芸人

【R―1ぐらんぷり】濱田祐太郎が優勝!全盲に近い弱視の障がい者芸人

異色芸人・濱田祐太郎が優勝 2位・ゆりやんレトリィバァに7票差の圧勝

ピン芸人日本一決定戦「R―1ぐらんぷり 2018」決勝が6日、東京・台場のフジテレビで行われ、生まれつき全盲に近い弱視という濱田祐太郎(よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪)が優勝した。優勝賞金500万円を獲得した。

濱田は「ぼく、めちゃくちゃ噛みましたよ。ありがとうございます。ずっとアマチュアの時から出ていた大会で、優勝したかったんで…」と喜んだ。

ファイナルステージはおぐ(SMA)、ゆりやんレトリィバァ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪)、濱田の3者で争われた。濱田は12票を獲得し、2位のゆりやんレトリィバァに7票差、3位のおぐに8票差をつける圧勝だった。

生まれつき全盲に近い弱視という濱田。左目は見えず、右目は明るさを確認出来る程度という。同大会で、視覚の不自由な芸人の決勝進出は史上初。漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」、コント日本一決定戦「キングオブコント」、女ピン芸人NO1決定戦「THE W」の決勝を見渡しても、出場例はない。

濱田は特別支援学校卒業後、吉本芸能総合学院(NSC)の35期生に。入学の際、NSC側から「目の不自由な人をサポートする仕組みはないから、どこまでできるか分からない」と言われたが、思いを貫いた。昨年10月には、「NHK新人お笑い大賞」の決勝に勝ち残った。

耳だけで客の反応を推し量る。だから、舞台は「毎回、不安になる」。笑いが起きない時は「今日はお客さんがいない」と自らに言い聞かせ、乗り切るようにしているという。長距離の移動は、同期の芸人や吉本興業の社員に同伴してもらうこともある。

R―1は、人生で初の舞台だった。2012年の1回戦、自分なりにベストを出せたというが「むちゃくちゃ緊張した。ずっと膝が震えていた。家帰るまで震えていた」と大会前の会見で振り返っていた。一人やたらと笑う中年男性の声が今も耳に残る。初出場で準決勝まで進出していた。

 

 

 

『R-1ぐらんぷり2018』決勝戦・結果

Aブロック

・ルシファー吉岡:審査員1点+お茶の間0点=計1点
・カニササレ アヤコ:審査員2点+お茶の間1点=計3点
・おいでやす小田:審査員4点+お茶の間2点=計6点
◎おぐ:審査員8点+お茶の間3点=計11点

 

Bブロック

・河邑ミク:審査員0点+お茶の間0点=計0点
・チョコレートプラネット・長田:審査員8点+お茶の間2点=計10点
◎ゆりやんレトリィバァ:審査員7点+お茶の間3点=計10点
・霜降り明星・せいや:審査員0点+お茶の間1点=計1点

 

Cブロック

◎濱田祐太郎:審査員5点+お茶の間3点=計8点
・紺野ぶるま:審査員0点+お茶の間0点=計0点
・霜降り明星・粗品:審査員4点+お茶の間1点=計5点
・マツモトクラブ:審査員6点+お茶の間2点=計8点

◎…ファイナルステージ進出者

 

ファイナルステージ

・おぐ:審査員3点+お茶の間1点=計4点
・ゆりやんレトリィバァ:審査員3点+お茶の間2点=計5点
・濱田祐太郎:審査員9点+お茶の間3点=計12点

 

【R―1ぐらんぷり】歴代優勝者

02年 だいたひかる
04年 浅越ゴエ
05年 ほっしゃん。
06年 博多華丸
07/08年 なだぎ武
09年 中山功太
10年 あべこうじ
11年 佐久間一行
12年 COWCOW多田
13年 三浦マイルド
14年 やまもとまさみ
15年 じゅんいちダビッドソン
16年 ハリウッドザコシショウ
17年 アキラ100%

 

【R―1ぐらんぷり】濱田祐太郎が優勝!全盲に近い弱視の障がい者芸人

【R―1ぐらんぷり】濱田祐太郎が優勝!全盲に近い弱視の障がい者芸人

喋りが達者で面白かったけど
自虐が多すぎて途中で笑えなくなった
自虐の連打は切なくなるからやめて
ネタは面白かったけどな

盲学校に黒板って利権じゃないのかとか色々深読みしてためになる感じ

決勝しか見てなくて、同情票かと思ってたけど、しゃべり上手かった
素直に面白かった
これから新鮮味がなくなるなかで残れるかは心配
見た目が割とイケメンなせいかあんま悲壮感なくてよかった
普通にラジオ毎週やってくれたら聞くかも
他が面白くなさすぎた
断トツでおもろかったわ
フリップ芸のかるたもおもろかったけど
決勝だけ見たら、妥当な結果だけど
障碍者って言うのが良い方にも悪い方にも波紋呼ぶだろうな
Aブロックはわりと全員面白かったわ
自虐芸はすぐ飽きる
そだねー
チョコレートプラネット長田は面白かった

濱田って人は本当に全く面白くなかった
俺(含め目の見えない人は)普段こんなに酷い事言われてます、お前ら無神経だと気付け!もっと気遣え優しくしろ!ってのを何とか世の中に伝えてるのかな、と思って見てしまった

ネタとはいえ、障害者の自虐を
どこまで笑っていいのか複雑やわ
今回は面白い面白くないではなく、凄い芸だったという受賞だろう。
全盲でお笑いをやるという凄いことをやった。
ま、そんな年があってもいいんじゃね?
障害ネタは武器だと思うが、障害ネタ以外も見てみたいな。
声とテンポは良い。
ネタは笑えなくへーって感じだけど
テンポが良くて返しもいいからしゃべりはうまかった
障がい者だからつまらなくても笑ってあげるっていうのは差別だよね
デート商法で「また会えたね」って言った瞬間は
はピンポイントで一番ツボに入った
紺野ぶるまが結果を濱田に説明しているのを見て好きになった
普通なら自分の結果が気になるかリアクションするのにずっと説明していた
説明時にたまに身振り手振りしていたのは笑ったがw
あれを自然としてたから優しい娘なんだろうな
ネタはイマイチだったが好感度は上がった
あれ人柄が出てて良かった
ぶるまは誰からも票が入らなくてつらかっただろうにな
R-1続ける意義あるか?
病院の待合室のおっさんネタやった友近を落としたのが信じられんわ
歴代見るとなんの価値もなさそうだなこの賞
今ごろ文春辺りがあわよくば第二の佐村河内狙いで身辺探りまくってる予感
視覚障害者って目の焦点合ってないイメージだったから
この人の場合杖持ってなかったら健常者と見分けつかんな
純粋に実力があるのは認めるが
障害ネタがこの先足かせになるような気がする
今回の準決勝は大体面白かった 過去と比べても上だよ

決勝は濱田以外いまいち
おぐは使い古されたハゲネタをさらに二回目も使いまわす
ゆりあんは「めちゃめちゃやったろう」っていうよくない面が出たねえ

濱田は弱者を笑いにくいっていう風潮もあってマイナスからスタートしたからたいしたもん
メジャーになるかどうかはわからないけど唯一無二の存在の芸人になった
全盲やら障がい者の人にとっても希望の星だろ
ゲタをはかされてない純粋な成功者と言っていいよ

ゆりやん悪くないんだけど決勝出れたのはスポンサーのCMに出演してるってのもあるんだろうな
おぐは出落ちネタで面白かったがその後笑いが続かなかった印象
ゆりやんはあるあるネタがはまらずダンスでごまかしてる感が強かった
濱田君は安定して漫談で笑いを取っていた
俺は濱田君優勝で納得
濱田はシンプルに喋りが上手いし、声が通る。当たり前の事だけどきちんとできてるよね。
ユリアンは滑舌悪いから肝心なセリフが聴こえなかったりw