東大王・水上颯が彼女を中絶させた上にヤリ捨て!河野玄斗の中絶トラブル発覚で慌てて口止めするクズだった!

東大王・水上颯が彼女を中絶させた上にヤリ捨て!河野玄斗の中絶トラブル発覚で慌てて口止めするクズだった!

 

東大王の河野玄斗の中絶トラブルが発覚したばかりですが、東大王の水上颯も彼女を妊娠させた上に中絶させポイ捨てしていたことが発覚しました。

しかもそれまで彼女のことを無視をしていた水上颯は、河野玄斗の中絶トラブルが発覚すると、彼女に速攻連絡をし口止めするというとんでもないクズ男だった模様です。

「生理が来ないことを伝えた途端、彼の態度は急変しました。王子様みたいに優しかった彼の冷たい言動に耐え切れず、一人で堕胎することを決心しました」

大きな目から涙を流しながらそう語るのは、都内有名大学に通うA子さん(20代)だ。彼女は、クイズ番組「東大王」(TBS系)で大人気の東大生・水上颯氏(23)と3年にわたって交際してきた。だが今年5月、非常に不本意なかたちで中絶手術を受け、水上氏との子供を堕胎したばかりだという。

取材班が水上氏のトラブルに関する情報を掴んだのは6月下旬。6月13日発売の「週刊文春」でクイズ番組「最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王」(日本テレビ系)で活躍する、東大医学部生の河野玄斗氏(23)と女性タレントの中絶問題を報じた、わずか1週間後のことだった。交際相手であるA子さんに取材を申し込むと、A子さんは重い口を開いたのだ。

水上氏は山梨県出身で、両親とも開業医という家庭で育った。小中学校時代は「図書館の本を読み尽くした」(「東洋経済オンライン」2017年9月24日配信)というほどの読書家だったという。

「東大進学者数日本一のエリート校・開成高校に進学する際には『腕試しで受験したら受かった』という秀才です。開成在学時には『第32回 全国高等学校クイズ選手権』(日本テレビ系)に学校代表グループとして出場し優勝。開成高校の3連覇に貢献しました。当時からテレビ局関係者は彼に注目していました」(テレビ局関係者)

A子さんが水上氏に出会ったのは2016年5月。A子さんが大学1年生、水上氏が大学3年生のときだった。A子さんが明かす。

「颯君とは友人を通じて出会いました。彼は最初から積極的で、みんなの前でハグをされて驚きました。初デートでは恋愛映画を観に行ったんです。その日に颯君から告白され、交際することになりました。颯君は女性慣れしているように見えたし、私は大勢の中のひとりだろうと思っていたのですごくうれしかったです。それから月に1、2回はデートをしていました」

そんな微笑ましい2人の交際は、4年目に差しかかろうとしていた。

「颯君は忙しいので、私から会いたいと言い過ぎないように気をつけていました。でも昨年末に『本当はもっと会いたい』と伝えたんです。颯君は『そうだったの? もっと早く言ってよ』と、今年に入ってからは以前にも増して会ってくれるようになりました」

だが、2人の交際は“ある出来事”から暗礁に乗り上げてしまう。今年3月下旬のことだった。

「性行為のときはいつも『避妊具をつけずにしたい』と言われていたのですが、妊娠するのが怖くてその度に断っていました。その日も途中までは避妊していたのですが、度々求められるのでつい許してしまったんです。最近たくさん会ってくれることが嬉しくて、期待に応えようとしてしまいました」

 数週間後、A子さんは生理が遅れていることに気づいた。すぐに水上氏に電話し、「生理がこない」と伝えたという。

「颯君は『1、2週間後にまだこないようだったら検査してみて。赤ちゃんにもよくないからストレスを溜めないようにね』と言ってくれました。親にも友達にも相談できずに悩んでいたのですが、この人だったら大丈夫だと思った。万が一妊娠していたとしても、産みたいと思えるほど優しい言葉でした」

しかし、その電話の後から水上氏の態度が急変した。

「まだ妊娠検査薬で結果がわかる時期ではなかったのですが、颯君と早めに直接話をしておきたくて、何度もメッセージを送りました。でもそのたびに忙しいことを理由に《その日は無理だ》と断られ続けました。不安で不安で仕方ありませんでした」

4月27日、なんとしてでも会わなければいけないと思ったA子さんは、電話で会ってほしいと懇願し、水上氏が1人で暮らす都内のマンションへ向かった。水上氏と会えたのは、彼が飲み会を終えて帰宅した午前0時頃のことだ。

「帰宅するなり、彼はソファでずっとスマホをいじっていました。何を話しかけても上の空で、こちらを見てもくれなかった。そのうえ『仕事があるから』と、大事な話をせずに暗に私を帰そうとしたんです」

「タクシー代をあげるから、帰ってくれないか」
そこでA子さんは意を決して、「(こちらを見てくれないのは)私に生理がこないからなの?」と聞いた。

「不安で、声は震えていたと思います。そうしたら『ずっと言いたかったんだけど……楽しくない』と、急に不機嫌な態度になってしまって。数日前に電話口で聞いた優しい声とは全く違う、冷たい声でした」

ショックを受けたA子さんは何も言えず、黙り込んでしまった。2人の間には気まずい時間が流れた。

「それでもいつものように一晩過ごせば優しい颯君に戻るかもしれないと、そう思っていました。でも颯君は『先寝てて』と言ってマンションを出ていってしまった。私はLINEで『朝まででいいから(側に)いて』と引き返してくれるようお願いしました。そうしたら面倒そうに戻ってきて、『タクシー代をあげるから、帰ってくれないか』と冷たく言い返されました」

それでも食い下がるA子さんだったが、水上氏は冷たい態度を取り続けた。

孤独と絶望の中、約1週間後に行った妊娠検査の結果は陽性。A子さんはネット検索をし、一刻も早い中絶が母体への負担を最小に抑えられることを知った。

「彼と相談できていれば、もう少し悩んでから決断したかもしれません。でもあの日の冷たい言動が忘れられなくて。こんなこと誰にも相談できません。親が知ったら、心配で倒れてしまうかもしれない。だから、一人で終わらせることにしました」

 A子さんは「パートナーと連絡が取れない」ことを理由に中絶同意書に一人でサインし、堕胎手術を受けた。15万800円の費用は、A子さんが全額負担した。

「何度も『よろこんであげられなくてごめんね』と赤ちゃんに謝りました。全部、私がしっかりしていなかったのが悪いんです。暗闇に放り出されたような恐怖と不安に押しつぶされそうでした」

堕胎から約1カ月、A子さんは夜も眠れない日々を過ごしていた。そして6月12日、A子さんの元に水上氏から連絡が入った。

「颯君から《そういえば、生理ってあれからあった? ちょっと心配になった》とメッセージがきたんです。なにをいまさら? と思いましたが、その後すぐに理由がわかった」

 その日、「文春オンライン」が“頭脳王”河野玄斗氏の中絶トラブルを速報したのだ。水上氏から連絡があったのは、速報の約2時間半後だった。

「記事を読んで、自分にも心当たりがあると焦ったんだと思います。そんな思惑が透けて見えたので、返信しませんでした」

 その3日後、水上氏から電話がかかってきた。

「『久しぶり』の一言もなく、生理のことをしつこく聞いてきました。私は腹が立って、『あなたが忙しすぎるから、全部ひとりでやるしかなかったんだよ』と伝えました。そのとき私は“中絶”や“堕ろす”という言葉を使えるほど、自分のしたことに向き合えていなかった。だから、『ひとりでやるしかなかった』という言葉で手術を受けたことを暗に伝えたつもりでした。

それを聞いた彼は『ごめん』と何度も繰り返していました。私が一人で中絶したことが伝わったのだと思います。それを聞いた彼は口数が少なくなり、『いままでありがとう。じゃあね』と電話を切ったんです。私のことを心配するフリをして電話をかけてきたくせに、颯君は自分のことしか考えていなかった。私のことも赤ちゃんのことも、どうでもよかったんでしょうね」

 

東大医学部 河野玄斗、モデルと避妊せずSEX後に妊娠・中絶させ炎上!

 

東大王・水上颯が彼女を中絶させた上にヤリ捨て!河野玄斗の中絶トラブル発覚で慌てて口止めするクズだった!

さすがの東大生も受精コントロールはできないんだね
一日にして東大医学部の恥になってもうたな
あんな陰キャラが生セックスしてるという事実
水上君はそんなことないと思ってたのに
テレビに出て勘違いして浮かれてたんだろうな
学生時代に陰キャでモテなかったんだろうな
河野のついでかと思ったら河野のやつより信憑性高くて草
ヒロミ「鶴ちゃんなに水上の空席見てニヤついてんだよw」
鶴崎「いや頭悪かったんだなーと思ってw」
脳内再生余裕で草
どれだけ勉強できても結局本能には抗えないんやな…
自分の優秀で自慢の息子が無差別に精子バラ撒いてるとか週刊誌に書かれる気持ちってどんなんやろか
そこでA子さんは意を決して、「(こちらを見てくれないのは)私に生理がこないからなの?」と聞いた。
「不安で、声は震えていたと思います。そうしたら『ずっと言いたかったんだけど……楽しくない』と、急に不機嫌な態度になってしまって。数日前に電話口で聞いた優しい声とは全く違う、冷たい声でした」
「生理の話をするたびに、彼は話題を変えたり部屋を出ようとしたりするんです。『距離を置いたほうがいいと思う』とも言われました。結局ひとつのベッドで一緒に寝ることになったのですが、そっぽを向いて『触らないで』と言われました」

「颯君から《そういえば、生理ってあれからあった? ちょっと心配になった》とメッセージがきたんです。なにをいまさら? と思いましたが、その後すぐに理由がわかった」
その日、「文春オンライン」が“頭脳王”河野玄斗氏の中絶トラブルを速報したのだ。水上氏から連絡があったのは、速報の約2時間半後だった。

図太いな
すげえ
普通にクズやんけ
河野からすると同じ境遇の仲間が増えて心強いやん

水上ってあんな顔してやることやってるんやな
中絶とか砂川のイメージやけど
東大はせっかくテレビがアホ向けにブランドイメージ築き上げたのに
逆にマイナスな印象なってまうで
描写がリアルすぎてゴールデンはアカンやつやね
もう異名は中絶プリンスやろ
割と大企業でも中絶って会社にばれると出世に響くくらいは結構印象悪いんやけどな
少なくとも出世街道はあきらめた方がいいレベルやし
これ実質東大王終わりだろ
水上でもってた番組じゃん
中絶王でいい
こんなんが医者になるんだからな
京大医学部=IPS研究で世界をリード
東大医学部=クイズ番組で承認欲求を満たして中出し中絶

差が付き過ぎだろ

ぶっちゃけクイズ王は伊沢一人で良かった
彼が正統派であり、至高だ
他はバッタもん
しかし東大王人気あるからなあ
クイズノックなんか人気YouTuberだ

水上もそこでぬくぬくやってるぞ

3年つきあっておいて文春にうるのもどうなんだこれ
水上ってあんましゃべんないからテレビ向きじゃないわな。
周りから注目浴びて浮かれてたのかね?
記事見る限りめちゃくちゃ気持ち悪い言葉も平気で言えるみたいやし変わってはおるんやろな
ちなみに中絶仲間の最後のツイートな

中絶コンビで草
中絶仲間は草
水上くんは河野のやつバレてめちゃくちゃ不安やったやろなあ
必死に逃げた挙句河野の中絶報道された瞬間連絡とるってちょっと頭悪いよな
なんかもっと自頭の良さ出してほしかったわ

東大医学部 河野玄斗、モデルと避妊せずSEX後に妊娠・中絶させ炎上!

【東大理3/司法試験/イケメン】河野玄斗(げんげん) が凄すぎる!→モデルと妊娠・中絶トラブルで失脚!!

河野玄斗(げんげん)に香川照之が「片手間」でタレント業をするなと痛烈批判