三井住友VISAカード<クラシックカード>の発行と利用で最大18,000円相当がもらえる!

【転売】爆益間違いなしの神アイテムがついに登場! 全員参加の転売祭り開始!抽選は4/23(日)18:00まで!

Yeezy_kanye_west_おすすめ

【転売】爆益間違いなしの神アイテムがついに登場! 全員参加の転売祭り開始!抽選は4/23(日)18:00まで!

 

話題のスニーカー転売に神アイテムがついに登場!

 

今回の商材はこちら

Yeezy_kanye_west_おすすめ

 

 

Adidas Yeezyとは?

ラッパーで、音楽プロデューサーのカニエ・ウエストがアディダスとコラボしたスニーカーです。

カニエウエストはLouis VuittonやBAPEなどとスニーカーのコラボレーションしており、2009年からNIkeとNike Air Yeezyを発表して大ヒットしていました。

ところが、カニエによると、ナイキとロイヤリティの支払いでトラブルがあり、2016年から、アディダスに移行したようです。

 

YEEZY BOOST 350 V2 CREAM WHITE

今回も品薄、大ヒット間違いなしの、転売ヤー大注目のレアアイテムです!

購入はネットと店頭です。

 

抽選の予約は4月23日(日)18:00までです。

 

 

上記の公式サイト

4月21日(金)18:00 抽選応募受付開始
4月23日(日)18:00 抽選応募受付終了
4月27日(木)18:00 当選通知配信開始
4月27日(木)20:00 当選通知配信終了
4月29日(土)各店営業開始時間 商品引き換え開始
5月7日(日)各店営業終了時間 商品引き換え終了

販売店舗情報

アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウ

アディダス オリジナルスショップ 六本木ヒルズ

アディダス オリジナルスショップ ダイバーシティ東京 プラザ

アディダス オリジナルスショップ GINZA SIX (4月20日オープン)

アディダス オリジナルスショップ 心斎橋

アディダス オリジナルスショップ HEP FIVE

アディダス オリジナルスショップ 福岡

アディダス オリジナルスショップ 札幌ステラプレイス

アディダス ブランドコアストア 渋谷

アディダス ブランドコアストア 新宿

アディダス ブランドコアストア 名古屋

アディダス ブランドコアストア 仙台

アディダス ブランドコアストア 広島

 

公式以外のネットでも販売

BEAMSでは、2017年4月27日(木)11:00〜20:00、当ページにて抽選エントリーを受付致します。

 

<抽選申し込み期間>
4月25日(火) ~ 4月27日(木)
営業時間内(11:00 ~ 20:00)

 

4月25日(火)12:00~26日(水)17:00のみ有効

 

応募期間は、4月25日(火)正午~4月26日(水)午後5時迄と

 

 

この他にもネット販売するお店はいろいろあると思います。

また、販売当日はいろいろな実店舗でも販売されます。

近所のお店に聞いてみましょう。

 

 

 

ところで

 

「キム・カーダシアンの夫のカニエ・ウエスト」

これ海外ゴシップサイトでわりとマジであるから

 

 

いや分かりますよ・・・

 

すっかりお騒がセレブですからね。

 

なんかおかしなビデオ作ったり、グラミーでテイラー・スウィフトに暴言吐いたり、その辺歩いててもパパラッチに暴言吐いたりとか

kanye_キムカーダシアン

でも、まあカニエはいい曲いっぱいありますからね!

 

 

ということで

恒例の隙あらば自分語りの精神で、個人的に好きなカニエウエスト・プロダクションTOP10を発表します。

 

My fav. Kanye West Production Top10

ああ自分語りしたい、自分の好きな曲とか語りたい←この精神で!!

 

#1 Jay-Z – Brooklyn Go Hard ft. Santigold


The Notorious B.I.G.の自伝的映画「Notorious」サウンドトラックからのプロモシングルです。

T.I.の”Swagga Like Us ft Jay-z, Kanye West, and Lil’ Wayne”(M.I.A.の”Paper Planes”が元ネタ)をサンプリングしてます。

Jay-ZとThe Notorious B.I.G.はBrooklynの盟友で有名ですので、このビギーの映画のサウンドトラックへの起用はピッタリですね。

関係ないですが、Jay-ZとThe Notorious B.I.G.とDMXとBusta Rhymesが同時期に同じ高校に通っていたようです。

凄い高校があるんですねw

映画も曲も、Brooklynで生きていく厳しさを訴えた内容です。

好きなヴァースはこれですね。

The sun don’t come out for many, like Annie
Half orphan, mama never had an abortion
Papa sort of did, still I managed to live
I go hard, I owe it all to the crib
Now please tell me, what the fuck’s harder than this?

太陽はみんなには昇らない、アニーのように(JAY-Z “Hard Knock Life (Ghetto Anthem)”で言及されたアニーは孤児)
半分は孤児、母親も父親も中絶しない
でも何とか生きていかなければならない
家族に対しての義理があるから
どうか教えて、これより厳しいことがあるか?

 

#2 JAY-Z – Izzo (H.O.V.A.)


The source誌で、5本マイクを獲得したJAY-Zの”The Blueprint”からのセカンドシングルです。

Kanye Westは、こんな楽しい曲も作っちゃうんですね。

The Jackson 5の”I Want You Back”を大胆にサンプリングしています。

ビデオも最高にノリノリで、楽しそうですね。

Kanye West, Destiny’s Child, Trina, Eve, Nelly, OutKastがカメオ出演しています。

はっきり言いまして最高です。

 

#3 Talib Kweli – I Try ft. Mary J. Blige

日本語で「意識高い系」というと、どうしてもアレな感じがしますが、カニエは当初は「Conscious rap」, 「Conscious hip hop」の旗手として、「Gangsta Rap」とは一線を画すスタンスだったんですよね。

今も「Gangsta Rap」と違うかもしれませんが、別の意味で悪いイメージが先行しています。

しかし「最近のヒッポホップガー」、「昔のラップガー」などという人も、この曲は、文句ないですよね?

これ最高じゃないですか!!

しかもMary J.の声が訴えかけてきますよね。

本当に名曲ですわ。

 

#4 Rihanna – Bitch Better Have My Money

【閲覧注意】

ヌーディティ、殺人、マリワナ、重火器、暴力等の直接表現を多々含みます。

しかしこれでも、レーティングはMA(17歳以上)なんですね。

カニエウエストは、co-producerとして参加しています。

リリことリアーナの”Rude Boy”, “Talk That Talk”, “Roc Me Out”に続くBad Girlシリーズです。

ビデオが超過激で大変話題になりました。

リアーナのパワフルなボーカルが実にマッチしていて、素晴らしい。

ANTIに先立ってリリースされましたが、なぜかアルバムには収録されていません。

それにしても凄いビデオですね。

ラップミュージックのビデオって歌詞は過激でも、ビデオ映像は過激じゃないですからね。

しかし過激なだけじゃなくて、見せ方というか、誘拐の方法とか、小道具の使い方とか、ディテールが凝っていて面白いと思います。

 

#5 Kanye West – Through the Wire


この熊さんのぬいぐるみをかぶったアルバムカバーとともに、交通事故の経験から命の尊さを歌うという衝撃のデビュー曲です。

Chaka Khanの”Through the Fire”をサンプリングしています。

誰もが言ってますが、これはオリジナル越えてますよね。

凄いです、早回しブームの火付け役です。

 

ただこのデビュー曲から既に、2Pacとビギーの言及が始まっております。

オリジナルバージョンの歌詞はこうだったようです。

In the same hospital where Big and Tupac died

 

Lil’ wayneとKanyeという俺は2Pacとビギーである的な主張多すぎラッパーの片鱗は最初からあったんですね。

 

#6 Alicia Keys – You Don’t Know My Name


TimbalandやPuffyによる変則ビートブームが落ち着いたアーリー2000sに、ストレートな回顧路線のこの曲は逆にインパクトが大きいですね。

Kanye WestとAlicia Keysという、2人の天才のケミストリーが遺憾なく発揮されたナンバーです。

聴かせます。

 

#7 Ludacris – Stand Up ft. Shawnna


ルダ!!

ビルボード総合チャート1位の大ヒットナンバーです。

この曲凄くないですか。

このシンプルなビートに、この中毒性。

ルダのラップも勢いがあっていいです。

Kanyeもカメオで出ているビデオも最高にかっこいいです。

 

#8 Shyne – More Or Less ft. Foxy Brown


Shyneが懲役10年の収監中に、Def Jamへ移籍をしてリリースされたアルバムからのシングルです。

デビューから注目されていましたが、このアルバムもSwizz Beatz, Irv Gotti, Just Blazeなどをプロデューサーに迎えて気合が入ってますね。

Shyneのフローは、確かにビギーに似ているので、それが足かせとなってなかなか評価されませんが、普通にかっこいいと思います。

 

これがサンプリング元ですが、こちらも素敵ですね。

 

#9 Kanye West – Good Life ft. T-Pain


カニエの”Graduation”からのカットです。

Michael Jacksonの”P.Y.T. (Pretty Young Thing)”をサンプリングしています。

個人的にT-Pain好きなんですよ。

やっぱりいいですね。

両者の個性がマッチしていて、とても良いです。

 

#10 Kanye West – Gold Digger ft. Jamie Foxx

Jamie Foxxを大胆にフィーチャーした、カニエのセカンドアルバムからのシングルです。

ビルボード総合チャートで1位の大ヒット曲です。

Hype Williamsによるアメリカンなビデオも素晴らしいです。

 

 

まとめ

隙があったので、またまた自分語りしてしまいました!

懐かしい曲が多いですが、カニエの最新アルバム”The Life of Pablo”も売れているみたいですよ。

TMZによると、11月以降ステージに現れていないそうです。

あと海外メディアはKanyeのことをYeと言うみたいです。