三井住友VISAカード<クラシックカード>の発行と利用で最大18,000円相当がもらえる!

【雨金・雨緑】アメックス・ゴールド/グリーンカードの年会費無料を延長する条件が、100%完全に分かってしまった!!【極秘!潜入調査完了】

アメックス・ゴールド アメックス・グリーンカードの年会費無料を延長する方法

【雨金・雨緑】アメックス・ゴールド/グリーンカードの年会費無料を延長する条件が、100%完全に分かってしまった!!【極秘!潜入調査完了】

アメックス・ゴールド アメックス・グリーンカードの年会費無料を延長する方法

 

年会費無料の延長オファーとは?

はじめに

アメックス・ゴールドカードなど一部のカードでは、キャンペーン入会の場合は、初年度無料の特典がつきます。

 

そして、翌年解約しようとコールセンターに電話した場合に、年会費無料やポイント2倍などの特典を提案される場合があります。

 

これは、退会希望者に、特別な特典を付与することで、引き留めることが狙いです。

必ず全員に提案される訳ではなく、将来の優良顧客となる対象の方のみに、オファーされます。

よって、年会費無料になる人と年会費無料にならない人がいますが、条件がいまいちはっきりしていません。

 

ちょうど、去年の「雨金祭り」こと「公共料金無制限付与キャンペーン」を行っていた方も、解約をしようとして成功した人と成功していない人が出ています。

さらに、前回、調査した際に、年会費無料で引き留めに成功するとインセンティブが出ると聞いていたので、なぜ全員にオファーしないのかという疑問も出てきたので、再度、潜入取材をしたいと思ったため、再度極秘調査してみました。

 

 

前回も書きましたが、「雨金祭り」について、アメックスは、あれだけクレームを入れてもノーダメージだったとかというと、そうではないようで、今でも「公共料金キャンペーン」と口にしただけで、空気が凍るくらいのタブーになっているようです。

今回の極秘調査でも「公共料金キャンペーン」は今後絶対にやることはないだろうと誰もが言っておりました。

 

調査とその信ぴょう性について

この記事でちょっと書きましたが、私は過去にクレジットカードのシステムコンサル/システムデザインの仕事をやっていたので、今回はその関係者をつかっていろいろ調べました。

 

 

年会費無料のカード会社なら、もっと簡単に調査可能なのですが、年会費無料カードの年会費無料の裏技とか調べても意味がないので、今回は、かなり大変でしたが、アメックスの年会費無料の裏技について、ありとあらゆる手段を使って調査することにした次第です。

 

今回もソース元は言えないので、信じるか信じないかは、読んでいる方の判断にお任せします。

しかし、私はこの内容に関しては、絶対の自信があるので今回の内容と食い違う事を書いてある記事があれば、その記事が100%間違っていると断言しますし、この記事を嘘だと言うのなら、その時こそ全面抗戦です。

例え公式アカウントでも、それは表向きの話でしょ?ということで、徹底抗戦する構えなくらいこの内容には自信があるんです。

まあそんな何回も言わなくてもいいと思いますがw

 

あと、前回みたいに、そんなに分かりにくい記事にしなくても「アメックス」で検索しても出てこないからバレないと確信しました。

私は教えてもらった人達にバレるのが嫌なだけで、アメックスや世間にバレるのはどうでもいいのでw

 

 

アメックスカードの種類

まずアメックスカードで、どれが年会費無料の提案(オファー)があるか確認しましょう。

 

プロパーカード(アメリカン・エキスプレスが独自発行しているカード)

個人向けカード 年会費 通称 無料オファー
アメリカン・エキスプレス・カード 12,000円 雨平,雨緑 あり
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 29,000円 雨金 あり
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 130,000円 雨白,雨白金
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード 350,000円 雨黒
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 10,000円 雨空
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード 35,000円 雨空プレミア

 

https://www.americanexpress.com/japan/mobile/sp/benefits/

 

ライセンス提携カード

プロパーカードの他に、他のクレジットカード会社にアメックスのブランドのライセンスを付帯したカードが存在します。

 

クレディセゾンや三菱UFJニコスなどが発行しているAMEXのカードがあります。

 

本家の同等グレードのカードより年会費が安いですが、プロパーカードのサービス内容と同じサービスを受けることはできません。

こちらも無料オファーの対象外です。

 

提携カード

プロパーカードの他に、他社とアメックスが提携した提携カードが存在します。

 

ホテルオークラ、松井証券、ヤナセ、コストコ、スターウッド・ホテル&リゾート(SPG AMEX)、ザ・ペニンシュラ東京、全日本空輸(ANA AMEX)、デルタ航空(DELTA AMEX)などの提携カードがあります。

 

それぞれの企業のサービスに特化したカードとなっています。

こちらも無料オファーの対象外です。

 

 

アメックスの魅力

なぜ、人は高い年会費を払ってまで、アメックスカードを保有したがるのでしょうか?

 

年会費無料のオファーを狙う価値があるカードなのでしょうか?

還元率もたいして高くなく、年会費も高いアメックスはなぜ人気なのか、再度おさらいしてみましょう。

 

(1)ステータス

やはり、一番の魅力はステータスです。

特に日本では、ダイナースよりも、圧倒的にアメックスの知名度があり、ステータスカードとしての人気があります。

持ってるだけで、毎回レジの店員に対してドヤ顔できることを考えたら安いものです。

もちろんレストランなどで、同行者がいる場合は、周りに見えるようにして、ゆっくり出すことをお忘れなく!

 

(2)保険

次に、保険の充実です。

ショッピング・プロテクションなどの各種保障が充実しており、手厚く保護されています。

「てるみくらぶ」の倒産でも話題になりましたが、アメックスでは、リターンプロテクション制度を使って、このような事態が発生しても全額返金されます。

さらに、航空券やパッケージ・ツアーなどをアメックスで支払うと、旅行傷害保険も付帯されます。

 

(3)コンシェルジュサービス

レストランなどを、場所、予算、人数などに合わせて提案・予約してくれます。

アメックスのコンシェルジュサービスはレベルが高く、御存知の方もいると思いますが、アメックスのオペレーターは全員が正社員ですので、他のカード会社とは、やはりクオリティが違います。

オペレーターのキャリアを積むにつれて、グリーン→ゴールド→プラチナと、担当が変わっていくようで、年会費の高いカードほど、経験豊富なオペレーターが対応します。

またプラチナとセンチュリオンは、専任の担当者がつくので、基本的には毎回同じオペレーターが対応してくれます。

さらに、今回の取材で分かりましたが、有名ホテルや有名レストランは、アメックスホルダーの上客を獲得したいということで、アメックスの顧客専用の予約枠を用意しているそうです。

よって、各トラベルサイトやレストランのお店予約のサイトで、空きがなかったとしても、アメックスのデスク経由からは、予約可能な場合もあるそうです。

 

(4)アメックス・ゴールドだけの凄い特典

アメックス・ゴールド限定ですが、他のカードにはない、充実した特典が存在します。

「家族カード」1枚が年会費無料

ゴールド・カードの「家族カード」は、1枚まで無料で作成可能です。

これで家族一緒にドヤリングできるという訳。

 

ゴールド・ダイニング by 招待日和

レストランにて、コースメニューを2名以上でご予約すると1名分が無料となるサービスです。

 

エアポート・ミール(国内線)

H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクにて本特典の対象となる国内線航空券をご購入すると、羽田/伊丹空港内の対象飲食店にてご搭乗当日にご利用可能なエアポート・ミール・クーポン(1,000円相当分)がもらえます。

 

プライオリティ・パス

空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に無料で登録ができます。

無料は年間2回までとなっています。

 

これでお店だけじゃなくて、空港でもドヤラーが捗るということです。

 

 

アメックスの年会費無料のオファーについて

それでは、いよいよアメックスの年会費無料がオファーされる条件の確認です。

 

(I)システムの条件

まずは、システム的にオファーが出る条件です。

 

(1)カード種別

アメックス・グリーンカードとアメックス・ゴールドカード

つまり他のSPGアメックスやANAアメックスやDELTAアメックスは対象外です。

プラチナやセンチュリオンも絶対に無料オファーはありません。

 

(2)年間の利用金額

直近1年間の利用額が5,000ドル以上(約60万円)であることが条件です。

アメリカ本国と同基準だそうです。

 

(3)怪しいお店で使用していないこと

利用店舗を判断材料にしているそうです。

特に、風俗関係やネットでいかがわしいものの買い物に注意して下さい。

クレカ利用者と同様に、加盟店もスコアリングされており、優良なお店からトラブルの多いお店までいろいろな加盟店を常時チェックしています。

重大な規約違反がない限り加盟店から除外されないものの、使えるからと言っても怪しいお店では、使わないほうがよいです。

なお、利用店舗の判定は、カードのアップグレードのインビテーションを送る条件にも関係するので、ゴールドからプラチナやセンチュリオンへのアップグレードを狙っている場合も、使うお店を選ぶ必要があります。

 

(4)クレーマーでないこと

過度なクレームを入れて要注意顧客になっていないことも判定されます。

 

 

(II)オペレーターの裁量

年会費無料には、もう一つの条件があります。

 

上記のシステムの条件をクリアできた時点で、オペレーターに電話して、解約したい旨を伝えると、オペレーターが過去の問い合わせ履歴などを参照します。

そして、オペレーターに、優良顧客と認定されると、年会費無料の提案があります。

よって、まずシステムで設定した条件をクリアすることが、まずは最低条件となります。

 

 

 

オペレーターの裁量の攻略

オペレーターの裁量の攻略についてです。

 

ただ、その前に、私が疑問に感じていたのは、退会希望顧客の引き留めに成功すると、オペレーターの成績も上がって、インセンティブも出るのに、なぜ、全員にオファーせずに年会費無料が提案される人と提案されない人がいるかということです。

 

そのことについて、聞いたところ、オペレーターは、すべての問い合わせに対して、通話時間と事後処理にかかった時間が記録され、それがオペレーターの成績となり、ボーナスや昇進に影響するということでした。

 

つまり、年会費無料のオファーをすると通話時間が長くなるので、それはそれで成績が悪くなるそうです。

アメックスは、働いている人の全員が正社員ということで、1件1件の電話に対しても、かなりシビアに対応が求められるそうです。

さらに社員の権限も大きいので、オファーする、オファーしないなどの裁量もすべてオペレーターに任せられています。

よって、いくら引き留めに成功すると成績が良くなると言っても、例えば、説明するのに時間がかかりそうな客だと思われると、オファーしないオペレーターが多いようです。

 

さらに、クレームに関しては、特に敏感で、度々クレームを入れるような客に年会費無料のオファーをしたとなると、後々問題となるため、微妙な顧客にはオファーしないようです。

 

 

なお、オペーレーターに年会費無料にして欲しいと直接お願いするのは、絶対にNGだそうです。

なぜなら、アメックスは年会費を大きな収益の柱にしているため、年会費が惜しいというお客さんは基本的にはいらないようです。

よって、電話の際は、遠まわしに、年会費は高くないけど、他のカードの方が魅力がありそうな気がするなどと話をすることが推奨されます。

 

 

 

年会費無料オファーの上限

結果的には、最大でも3回しかオファーされません。

 

年数によって、どのくらいの差があるのか詳しく確認できませんでしたが、だんだん厳しくなるけど、2回目のオファーは、それほど年間購入金額の条件が上がる訳ではないようです。

しかし、3回目はちょっと上がるかもという意見もありました。

 

 

 

まとめ

結果的にまとめると、最低限の年間利用金額の条件があるものの、最終的には

 

オペレーターの気分次第

 

ということになりました。

 

 

 

 

はぁ!?

 

 

と思われるかもしれませんが

 

 

これが事実なんだから、そうとしか言いようが無いでしょ!!

 

 

いや、俺だって、この条件をクリアすれは、確実に年会費無料になります!!!!って書きたかったよ。

でも、完璧に調査した結果が、オペレーターの裁量によるということなんだから、しょうがないのですわ。

こればかりは。

ハッキリそう言われたし。

嘘書くわけにもいかないので。

 

 

 

でも今回はここで諦めない!!

 

 

 

たとえ、いくらオペレーターの裁量と言えども、そのなかでどうするのが一番いいか、何か手段がないのかと、アドバイスを求めたところ返ってきた答えがコチラ

「システムが酷くて名寄せ(過去の履歴と突合すること)が、まったく出来ていないから、解約してから1年くらい経過してから、住所の番地の漢字の書き方をちょっと変えて申し込めば、また初年度無料になると思う。」

だそうです。

 

 

アメックスを含めて、最近のカード会社の与信は自動化されており、問題がなければその場でクレカが発行されるため、細かい人間による詳細な紐づけが行なわれません。

老朽化したシステムを使い続けているアメックスなら、なおさらということのようです。

 

 

ただ、名寄せも運がからむと思うので、保障はできませんが、かなり確率が高いようです。

カード発行後、初年度無料等のキャンペーンがしっかり適用されているか確認しましょう。

 

やっぱり自分で試すしかない!

最後に宣伝ですが、アメックスのカード発行は、ポイントサイトを経由すると、ポイント付与とアメックスの公式特典を両方とも獲得できます。

 

下記からお願い致します。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ハピタス